記事一覧

【DVD】 「志らく 第十集」

最近、落語を聞きに行っていないので
DVD なんかを買ってみました。
「志らく 第十集」

「鉄拐」「小言幸平衛」はおもしろ噺、「中村仲蔵」は人情物。
志らくさんの落語は割と好きなのですが、ちょっとこのDVDのは
私の好みではありませんでした。 =q

「鉄拐」は、そもそもお話のスジ的にそんなに面白いとは思えず、
どちらかというと語り口を楽しむように私は捉えています。
ところどころ面白い言い回しがあって楽しめましたが、
途中で飽きてしまいました。
ですが、なんというか「落語」!と構えて聞くより、
だらだらと人の話を聞いているようなスタンスで、ラジオを聴く
ような感じで楽しむようなコンテンツかもしれないなあ、と思いました。


「小言幸平衛」
は、ちょっと志らくさんの弾けぶりを期待しすぎて
残念に思ってしまいました。何でもかんでもイリュージョンを
期待してはいけないとはわかっているのですが、仕立屋さんが
でてきてからの妄想では、がっつり弾けて欲しかったです。

「中村仲蔵」、この噺は五代目志ん生の音源のを聞いた事があって
割と自分のお気に入りの噺なのですが、だいぶ違う感じでした。
志ん生版では、端折っているとはいえ、その取り上げた部分に
関しても随分と短いすっきりとした噺だったのですが
志らくさんのは大分たっぷりでした。
さくっと終わる粋な噺を期待していたので、これもちょと肩透かし。
そして何より自分の好みで無かったのは、女性(嫁さん)のくだり。

何と言いますか、志らくさんの師匠である、
立川談志さんの「芝浜」でもそう思ったのですが、人情噺の演出の
バックボーンが、完全に「昭和の歌謡曲」
なんですよね。
男性に対して異常に献身的な女性が描かれますが、
その思いのたけを台詞で重ねることで情感を増していく手法で、
これがちょっと私には「しつこい」。
「そこまで言わんでいいよ」っていう所まで言わせてしまうのです。

「私はどうなっても構いません。ですから…」
「だから私は…」「でも私は…」

「ですから…」「だから…」「でも…」で延々としゃべる感じ。

どうしても慣れられないですね…。
たぶんこれはジェネレーションギャップもあるでしょう。
それから、志らくさんが演劇肌なのも関係してるかもです。

志らくさんの落語は結構好きなのですが、どうも女性のからむ
人情噺だけは、ちょっとついていけない感じです。
「正直八百屋」「妾馬」なんかは好きなんですけどね。

ともあれ、100% 好みのエンターティナーなんているわけもなく。

まだまだ志らくさんの落語は聞いていきたいと思います。=D


【落語】2012一月「志らく一門会」

やっとこチケットが取れたので行ってきました。
去年までは上野の「上野広小路亭」という、
30人も入ればギュウギュウという場所でやっていたのですが、
昨年末から内幸町(うちさいわいちょう)ホールに移動しました。

一気にキャパ3倍って所ですね。しかも綺麗!!
「上野広小路亭」のライブ感とひなびた風情も好きだったのですが、
収容人数も増え、椅子もパイプ椅子(笑)から劇場用の椅子に変わり、
音響もよくなったし、これは嬉しいですね。
後、私の家に10分ほど近くなりました。電車賃も140円ほどダウン!

そんなこんなで行ってきました。
どなたも面白かったですが、ちょっと気になるところも。

「『紙入れ』のおかみさんが落として割った器を~」

    …『厩火事』じゃね、それ?

それはともかく、結構マイナー寄りな噺も多く、楽しめました。

個人的には「初音の鼓」が聴けたのは嬉しかったですね。
本で読んだ事はありますが、聴いた事はなかったので。
ですが、この噺については、師匠の志らくさんは

「この噺の殿様は嫌味で嫌いだ」論じていたのですが、

それに対するアンサーが無かったのが物足りなかったですね。
その論自体に私は意見はありませんが、お弟子さんがやるのであれば、
それに対する何かをやって欲しかった所ですね。
でも、面白かったですよー。鼓でドリフやっちゃう所とか。
「わきまえませぬ」「前後忘却にござる」
コンパクトにされたフレーズで、新鮮で面白かったです。
飲み会とかで今度使いたいですね(笑)。

トリの志らくさんの噺は「天災」。
よかった。よかったんですが、
年末に、立川談志追悼CDが出たんですよね。
それの収録話に「天災」入ってて、個人的に何度も聴いちゃってたん
ですよね(笑)。
志らくさんがまた、談志さんによく似ておられるので、
余計にダブってしまって、ちょっと新鮮味に欠けてしまいました。
でも、最後の混乱するくだりにはオリジナルの錯乱味が出ていて
楽しめました。よく繋げるなーと感心しながら笑っちゃいました。

さて、来月の一門会は悲しいかな、2/16で平日。
平日19時からなんて、手すきの公務員さんか自営業の人か、
お年寄りしかいけませんよ(涙)。

と、いいつつ、自分の仕事がフレックスなのを使って、早上がりで
いてみようかなと思ってます。
来月、仕事に余裕があってチケットがあまってたらチャンス!

ファイル 83-1.jpg
途中の休憩時間で見かけたおじさん。
食パンもりもり食べてました。
食費を削ってでも一門会に来るとは相当お好きなんでしょうね。
一門会チケット代700円の値上がりで食パン3斤は買えるはず。
一門の皆さまには、こういう方のためにも、ぜひとも値上がり分
気張っていただきたいものです。

ファイル 83-2.jpg
あと、これ、欲しかったですね…。
ちょっと雰囲気が物足りない…。


★★★★★★★
「志らく一門会」は、故・立川談志のお弟子さん、
立川志らくさん率いる一門による独演会です。
前半に前座さんから二つ目~中堅どころの方がやって、
最後に志らくさんがやります。

お値段は、前売り券なら直売で2000円、e+(イープラス)で
通販だと手数料コミで2200円と、リーズナブル。
志らくさんの独演会なら、2つ噺やって3~4000円ですから、
これは結構お得なお値段です。
「上野広小路亭」の時は前売り直売1300円でした(笑)。
会場がよくなった分お値段も上がりましたが、納得のお値段かと。
よかったらどうぞん。
 

らくごらくだ

以前、落語の「らくだ」は化石落語であり、
21世紀のこのご時勢、あれで楽しめるのは年寄りくらいだ。
と書きました。
→ http://www.semiro.info/diary.cgi?no=33

ですが、今年の夏、立川志らくさんの「らくだ」を聴いて、
この落語を見直しました。面白かったのです。実に。

というか、今まで、見方・聴き方を間違っていた事に気づきました。

いや、恐らく、昔はその鑑賞法でよかったのでしょうが、
21世紀の我々は、
演じる方が演出の重心を変え、聴く方がそこを理解して、
新しい「らくだ」の楽しみ方をした方が良いと思いました。

どういうことかと言うと、これは私の持論ですが、

★「かんかんのう」なんて面白くない。どうでもいい。
  一応、古典の経緯として残しておくけど、ここを「面白ポイント」
  としてやる落語家さんは、感覚がズレてる。
★最後のオチは、やっぱり最悪。絶対に直すべき。
 ていうかオチにいたる伏線ぐらいは用意しろ。

つまり、これまで「らくだ」のハイライトとされていた箇所は、
現代では面白くないので強調すべきではない、という事です。

志らくさんの「らくだ」を私が楽しめたのは、まさにここが
徹底的に見直されていたからでした。
削ってはいません。噺には出ますがさっと流します。
ここで「どうだ面白いだろう?ここ笑う所ですヨ?」なんていう
バカな演出は一切しない。

この人の「らくだ」のすごいのは、
噺のハナから死んでいる「らくだ」とあだ名されるロクでなしの
圧倒的な存在感。
誰もに嫌われる、ウザくて迷惑で最低な乱暴者。おまけに馬鹿。
(この「馬鹿」がただ1つの魅力になってる所がまたいい)

こいつの話をするだけで縮み上がるご町内の面々の反応と、
彼らから語られる「らくだ」の馬鹿武勇伝。
そして、「らくだは死んだ」と聞いた時に見せる大喜びの体。

「死んだ!?ホントか?アイツの事だ。図々しいから
 生き返ったりするかもしれないぞ?よく頭とか潰しておいたか?」

誰も突っ込まない。不謹慎とか言わない。
「らくだ」を誰もフォローしない。とにかくみんな大喜び。
人が死んだのを町内上げて大喜び(しかも半分基地外じみてる)。
その中に、この落語を聴いてる我々もいるわけです。
前半部分の「らくだ」のバカ武勇伝をたっぷり聞かされているので
こいつなら仕方ない、と、背徳的なシンクロで笑ってしまう。
しかも「らくだ」の死因がまたいい。

「フグの毒にあたって死んだ」

これは古典どおりなんですがね。
にしても、あれだけの武勇伝の「らくだ」が、
ひとりでフグ食って死んだってのが、惨めでバカな上、
誰の良心も痛めない死に方でいいです(笑)。

江戸時代、フグで死ぬ人は本当に多かったそうです。
死ぬ死ぬって判ってるのに、毎年大勢フグで死ぬ。
その辺で釣ってきたものを、シロウトが家で調理するのだから、そりゃ死ぬ。

おまけに、ちょっとしたカッコ付けというか、
フグの誘いを断るようなのは男じゃない。江戸っ子じゃねえ!
なんて具合で、フグを食べることが一つのファッションでも
あったわけですね。
通過儀礼と言っては言いすぎですが。
※当時、女性と、所帯持ちの男だけはフグの誘いを堂々と
 断れたそうです。

 片棒を かつぐ昨日の フグ仲間

なんていう川柳が残ってるくらいで、
(片棒ってのは死体を入れた桶を担ぐ為の棒ですね)
やっぱ一人で食べるのは怖いから仲間を求める。
それでいてそのメンツが死んだりなんかする。
その死んだ奴が、嫌がってたのを無理やり誘った奴だったりすると
ひじょーに気まずいだろうなあ。
そんな味わいを感じさせる川柳ですね。

で、「らくだ」は、
そんなフグを一人で勝手に食って勝手に死んだわけでwwww

一人でって所は無頼漢「らくだ」らしい、見上げた度胸ですが、
マジバカです。

もう、誰も良心の仮借なく「らくだ」の死をヒャッホイする。
ここが面白いですね。本当言うと良心は警告を発してるんですが、
ここらが落語のブラック部分であり、暖かい所ですよね。

「いいんだよ。人間、残酷で不謹慎になる時が多少あったって」

人間の「業」の肯定です。
これは、江戸時代だろうが平成時代だろうが、シンクロできる
テーマですよね。面白い。

そして、それに絡めて登場人物のキャラクターで魅せていく。
それにしても、既に死んでいて噺には一切本物が登場しない、
この「らくだ」の存在感は凄いですよね。噺を通してずっと居続けます。

で、志らく流、最後のオチは…。
私的には、もうちょっとパンチというか「うまい」か「基地外」に
して欲しかったですが、古典よりはずっといいですね。
無い方がいいオチもありますが、これは「あった方がいい」オチですね。
長い噺ですし、落としてもらえると「終わった」と腑に落ちて安心します。

というわけで、私、前言撤回して「らくだ」肯定します。
これは面白い落語です。
内容は変えることなく、演じ方次第で未来に通じる落語だと思います。


【落語】志らく一門会 3月20日

ファイル 44-1.jpg

こんなさなかですが、決行してくれました。
Twitterで開催の可否をつぶやいてくれたのが有難かったです。
ていうか、
「志らく一門会」の公式ページの放置っぷりは酷いと思う。=q
Google検索で一番上に来るのだから、
だれか引継ぎして欲しいですな。

それはさておき、
今日は今までで一番楽しめた会でした。
私は駆け出し落語ファンなので落語の評価なんかは書きません。
単純に感想を書き残したいと思います。

今回は、5人が5人とも、テキストの段階ですでに笑える演目を
選んでいた印象でした。
最近のションボリムードを考慮してのチョイスでしょうか。
それをプロの技で演出するわけですから、出来も上々。
笑いっぱなしです。

しかし、何でもバランスってあるんですよね。
寿司の頼み順じゃないですけど、
五カン全部大トロだったら胸焼けするじゃないですか。
なので、正直、私は4人目の志ら乃さんを聞き終えた後は、
ちょっと疲れていたのです。

そんな中、大トリの志らくさん登場です。
演目は「妾馬(めかうま)」。
もともと大好きな噺なのですが、
この「妾馬」は今まで聞いた中で最高のものでした。

「妾馬」は、上・中・下、とあるのですが、
最近は中だけしかやらないことが多いです。
「中」にわかりやすい面白ハイライトが集中しているのと、
「下」はオチがカラーテレビ世代の人間には意味がわからず、
説明したところで大して面白くないのです。
志らくさんは、今回、これを「上・中」とやりました。


 貧乏長屋の横を大名行列が通り、
 その時に大名の目に留まった娘がお城奉公に
 ヘッドハンティングされる。
 その内にその娘は大名の跡取り息子を産み、
 城内で大出世の運びとなり、大名の寵愛を受ける事になる。
 そこでそのお祝いという事で、娘の兄、八五郎を城に呼び、
 殿様直々にねぎらう事になったのだが、
 その兄は、貧乏長屋の中でも特にバカで作法知らずの、
 典型的なバカ江戸っ子。

 城なんて固っ苦しい所はゴメンだ!と言いつつも、
 なんだかんだでお城に行く八五郎。
 侍だらけの殿中。殿様の面前で、何とかうまく取り繕おうと
 するが、これが滅茶苦茶。
 とんでもないドタバタをくり広げ、無作法をふりまくのだが、
 それが笑いを誘う。
 しかし、彼の言動はまっすぐな本心であり、
 また、妹を大事に思う一心が誰にも(観客にも)
 伝わるので、まったく嫌味が無い。

 「よいよい、無礼講じゃ。朋友にするように話せ」と、
 この兄を気に入り始めた殿様の大らかな雰囲気もいい。
 しまいには、酔っ払った八吾郎の、庶民の下々の小唄、
 都都逸の合いの手まで入れてくれちゃう。何とも粋な殿様。
 これぞ江戸の、いや、日本人の理想の「俺っちの殿様」では
 ないでしょうか。


とにかく、出てくる人間が全て「見ていると嬉しくなる人達」
なのです。
笑えるだけじゃないんですよね。
「こんな人達、ようすがいいなぁ」
「いい人たちが幸せになってて嬉しいなぁ」と、
そのキャラクターと、その顛末に、思わずホロリなのです。

志らくさんが、この噺の「上」をやった理由がわかりました。
「上」でキャラクターの性格や、長屋の設定を、
笑いを交えながらしっかりやっているのが、
「中」で効いて来るのです。

ボロ長屋のお人よしの大家さん、
そして主人公である、下町ソウル全開のバカ元気で妹思いの
兄の八五郎。
半分基地外みたいになっちゃった八吾郎達のお母さん
(噺の中では「汚ねぇババア」)
この「上」がちゃんと面白い上に上記のキャラクターを
ばっちり印象付けてくれるからこそ
「中」で、殿中で大奮闘する兄、八五郎と殿様のやり取りが
光るのです。

うーん。確かに、この噺は「上・中」でやるべきですね。
今日は本当にいい噺を聞けました。
志らくさん、有難うございました。
しかし一つお願いがあるとすれば、
「下」の現代版を作って欲しいです。
「妾馬」の「馬」の由来にもなってるパートですし。
この噺は切り上げて仕舞いにするままでは非常にもったいない
気がします。

で、先ほどのお寿司の話に戻りますが、
志らくさんまでの4人は、いずれも美味しいトロでしたが、
志らくさんのは、「ワサビの効いたトロのヅケ」でした。

ヅケは赤身で作るのが普通ですが、
トロのヅケもまた旨いものです。
ワサビを溶かし込んだ特別の調味液でトロを2,3時間浸した
ものを握るのです。
トロなのに、しっとりと落ち着いた味わいで、
でもちゃんとトロで。
そしてワサビが効いててホロリとくる…。

トロ・トロ・トロ・トロ・ワサビヅケトロ… といった塩梅で、
トロを喰いまくりつつ、でも最後もトロでお腹を鎮める、
そんな面白い流れでした。
なので、とても今日は大満足なのです。=D

今日の1500円は安かった。3000円出しても良かった!
私が宇宙皇帝になった暁には、
志らく一門に千金の下賜金をたまわりたいです。

来月の一門会は、ななんと4/7。近!!!
もちろん前売りチケット買いましたとも。

来月が楽しみです。=D

ページ移動