記事一覧

朗報と徒労。Flash作画でデジタル入稿できるじゃん

以前、日記で
アクションスクリプトを活用することでFlashの画像書き出しの
解像度の限界を越えたpng画像が作成できる!とかきましたが、

http://www.semiro.info/diary.cgi?no=54

そんな事をしなくても、さくっと書きだせると分かりました。

あの探索と調査の苦労はなんだったのか…!

やり方は簡単。CS以降のバージョンのFlashで、

ファイル 168-1.jpg
Flashのアクションスクリプトのバージョンを3.0にする。
これだけ。

アクションスクリプト2.0だと、2880x2880以上のping画像の
書き出しが途中でコケてしまいます。
Flash自体が扱える画像のサイズは8000x8000なのですが…。

自分はこれは仕様かと思ってましたがバグだったようです。orz

アクションスクリプト3.0からは、普通に8000x8000までのサイズを
pingで吐き出せます。

ただ、dpiが72dpiとなってしまうので、
これをフォトショップで開いて、デジタル入稿の解像度である
600dpiに変換する必要がありますが、これはボタンポチで完了。

ファイル 168-2.jpg
画像解像度のプロパティの一番下の、「画像の再サンプル」
チェックをはずせば、サイズそのままでdpiを変更できます。

まあ、言い訳としては、最初に試みた時は、
持っていたFlashのバージョンが8だったんで、アクション
スクリプトは2.0までしか無かった
から、気づきようもなかった
んですね…。

そしてCSにバージョンアップした後も、
Flashアニメを作る時のカメラツールを使う上で、どうしても
アクションスクリプトは 2.0じゃないといけなかったので、
3.0で試すという事自体が盲点でした…。

静止画を書きだす時だけ2.0にすればよいわけですね。


ちなみに、
印刷屋さんへのデジタル入稿の原稿サイズは、タチキリ込みで
 ★A4 5102x7157 ピクセル 600dpi
 ★A5 3638x5102 ピクセル 600dpi

 ※カラーは 300dpiでOK

8000x8000あれば十分対応できますね。
個人で作るなら A5でいいですし。

さて、これで作成のワークフローは繋がりましたが、
問題はやる気ですね。

アーア、ちゃかぽこちゃかぽこ。


久々日記

最近は好きあらば家に引きこもってしまう…。
色々リハビリに、日記や何かの制作が良いという話なので
ちょこちょこ無理にでも手をつけて行こうと思います。

★昼食
回転すし。チェーン店じゃない地元のお店。
スミイカがおいしかった。回転すしレベルでもここまでいける
日本の大衆飲食のレベルは本当に幸せだと思う。
でもあまり食欲が無く、4皿にて終了。760円なり。

★読書
「ドグラ・マグラ」をやっと読了。青空文庫で無料じゃなかったら
多分読まなかったと思うけど、読めて良かった。
最初から65%までは読むのが非常に苦痛で(読めばわかる)、
何度も放り投げようかと思ったが、
「途中で投げる本」として名高い本著ゆえ、途中から意地で読んだ。
70%くらいから急に面白くなってきて最後まで一気に読んだ。
幻想キチガイミステリ。語り手自身が基地外設定なので、
何を持って真実としたらよいかわからないミステリ小説。
日本3大奇書の名に恥じない珍本。
面白かった。アーア、すちゃらかちゃかぽこ。

★ゲーム
PSO2を折に触れやっていたけど、テクターがあまりな扱いで
やる気ダウン。
色々やる気が出ない所にとどめを刺した感じ。

とりあえずこんなところで。
 

マウスパッドって大事! &不具合備忘録

★マウスパッドって大事
ブルートゥースのレーザー無線マウス「ロジクール M705」使ってます。
ファイル 166-1.jpg
電池の持ちがすごく良く(1年持つ)、評判の高い奴です。

…なのですが、微妙な操作ができなくて困ってました。
ブラウザのマウスジェスチャも何度も失敗してしまいますし、
各種アプリケーションで操作をする際にもかなりイライラ…。

マウスパッドも2つほど買い換えたのですが改善せずはや1年…。
「所詮、無線マウスなんてこんなものか…」と、
ウン千円の出費を悲しく思っていました。

ですが最近、このマウスM705の評判を色々な所で目にするので
改めてネット検索してみると…
マウスパッドを良いものにする事でかなり向上するとの事です。

そこで、他の人が使っているM705との組み合わせに倣って
「Steelseries」のマウスパッドを買ってみると…。
ファイル 166-2.jpg
「SteelSeries QcK mini マウスパッド 63005」 1100円。

なにこれM705、全然別物の動きなんですがwwww

びっくりしました。
今まで試したマウスパッドも一応レーザー用で1000円くらい
するものだったのですが…。

この挙動なら「ペイント」でお絵かきできますよ(しませんが)。

今どきマウスパッドを選ぶマウスってどうなのよ…。
とも思いますが、ちょっとお金をかけることで極上の操作感を
得られるという事自体は有意義な事です。
いい買い物をしました!


★GeForce560Ti(グラボ)とFireFox(ブラウザ)の相性問題

FireFoxがちょくちょくフリーズするので色々調べた結果、
GeForce560TiのドライバとFireFoxのハードウェアレンダリングは
相性が悪いとの事です。

FireFoxの、オプション>詳細 で
「ハードウエアアクセラレーション」の使用をOFFにしたところ
改善しました。

しかし、今どきまだこんなレベルで相性とかあるんですね…。


★USBポート刺し換え → 周辺機器に不具合 → ドライバ入れ直し

背面にUSB3.0ポートが一つ余っていたのに気づいて、
前面ポートに刺していた外付けHDDを、後ろに差し替えました。
HDDは問題なく認識されて、ドライブ名も問題なしです。
(って当たり前ですが)

すると…
無線LANがつながらなくなってしまいました。orz

USBの無線LANレシーバ(子機)からアクセスポイントに繋がっては
いるのですが、インターネットに出て行けません。

全く繋がらないのであればすぐ諦めが付いたのですが
中途半端に繋がるせいで設定のし直しでいけるかと、
無駄な試行錯誤をしてしまいました…。

結局、HDDではなく、無線LANレシーバのドライバを
アンインストール → インストールでスッキリ改善。

USB機器のポート刺し換えって、USB1.0の頃から不安定ですよね。
不具合の内容がケースバイケースなのも悩ましい。
いい加減何とかしてほしいものです。


魔女っ子姉妹のヨヨとネネ

最近外への興味ががっつり落ち込んでしまったので
一念発起して映画を見てきました。

魔女っ子姉妹のヨヨとネネ

原作漫画が大好きだった「のろい屋しまい」がまさかの映画化

丁寧かつ真摯な作りが私のお気に入りな作品で、
何度読み返しても
「あ、ここで(絵で)伏線張ってる(回収してる)のね…」
と気づかされる、書き込み練り込みの鬼な作品でした。
続編も好きで買い続けています。

とかく
「杖を振ると炎が出る」と揶揄されるファンタジーですが
この作品では
「杖を振ったら何が出るかわからない」という、
まさに『まるで魔法のような』演出が多いのも私好みですね。

で、それが映画化という事で色々心配だったのですが…

良かったです。
原作を知ってる人には嬉しすぎる演出もありましたし、
監督さんの解釈もよかったです。
ただ、
終盤のつじつま合わせが忙しかったように思いますが、
おおむね良かったと言えるでしょう。

統合失調かよ!…な感想ですが、
設定・演出・脚本などなどが総じて私好みで、なんだか
自分のために作られたかのように思ってしまう…!
そんな、超・俺得な映画でした。

DVD出たら買うと思います。=D

監督あいさつ回でもらったヨヨネネの焼きそば。
劇中に出てくるのと同じ上面包装で、横にはヨヨネネイラストが。
帰宅してすぐ食べちゃいました。
ファイル 165-1.jpg
ファイル 165-2.jpg