【アメリカ日記】蒟蒻小椰菓 (こんにゃくゼリー)【サンフランシスコ】

「こんにゃくゼリー」in USA?

こちらに来てナニがイヤって、おいしいお菓子が無いことです。

たまに良さげな店に入るとそれはヨーロッパからの舶来品のお店で、ちょっと高め。つまるところ、ご当地のナイスなお菓子というのはナカナカないのです。

ある日、スーパーで買い物をしていると、「蒟蒻小椰菓」なるお菓子を見つけました。

要は中国版「蒟蒻畑」 です。


こんなかんじです

結構怪しい作りなんですが、国際何とかをクリアしているようです。 「蒟蒻畑」を思い出して、こういうのが懐かしくなってしまったし、それにフルーツなら国境を超えた味付けもないだろう。そう思って購入して帰りました。

それが甘かったのです…。

良く冷やして置きまして、夕食の後食べようと一つ取り出したそのとき

私の手の中にあったものは…

さといも?

つうかなんで日本語?

どうしてフルーツじゃないの?

ヘロヘロとちからが抜けていきました。


さて、ここでもういちど包装袋を見てみましょう

さといもなんてどこにもありゃしねーのです。

てゆうか、この写真の桃とブドウもハッタリで、そんな味のは一つも入ってないのです。


で、コレ…

口に含むと、そのまんまさといもです。 しかも、よせば良いのに甘いシロップとかかかっていて絶望です。

なんていうか、その時は冷やして食べましたが、暖かったら醤油が欲しくなること間違いなし

大体、この商品のセールスポイントは蒟蒻といういわゆる野菜とフルーツを、いいとこ取りで融合させた取り合わせの妙にあったはずです。蒟蒻の歯ごたえを持ったフルーツに魅力があったわけです。

それが

では、ただの妙にプルプルしたさといもです

…中国っていいかんじです。

久々にやられました。 …勘弁してください。

え、ゼリー本体の色?

さといも色でした(中身)
 

よく読まれている記事