【アメリカ日記】拳と張り手とメロンとボルテスV【サンフランシスコ】

アメリカ生活で笑った二つの出会いを2発、小ネタです。

エスパニョールな五人の仲間

(’99.11.25の日記から)
今日、スタンドでガス入れてたら、走り屋仕様の黄色いスカイラインが入ってきたんだ。

中に乗ってるのはラテンな雰囲気のセニョールで、眼光も鋭くピッと駐車してね。 そんで止まるなりステレオを特大ボリュームさ。

これぞアメリカン。 イカしてるだろう?

…だけど流れてきたのは

日本語の ボルテスVの終わりの歌 だったんだ

アメリカの、サンフランシスコ郊外の、ガソリンスタンドでだぜ?

そして、信じられない状況においらが立ち尽くしていると、中からセニョールが出てきて、音楽に合わせておもむろにこう叫んだんだ。

ゴニンーノー ナッコァーモァー!

ますます混乱するおいらをよそに、そのセニョールはガスを入れ終わり、走り去って行った。 それからもセニョールの魂のほとばしりが耳から離れない。

ねぇ、おいら、どうしたらいいんだろう?
 

メロンの熟れ具合

良い季節がやってきました。 私の大好きな季節が、美味しい美味しい果物が押し寄せる季節がやってきました!

何てったってメロン。 色んなメロン。

直径30cm とおおぶりで、一個 2.5ドルのメロン。 甘くて重くてやわらかいメロン! 確実に日本の1/5くらいの(言い過ぎかな)低価格。 もうこれからは毎日メロン!

さて、今日もこいつを買って帰ろうとスーパー「SAFEWAY」に寄りました。

まるでピラミッドのように山積みになっているメロン。

下の方、つぶれて割れてました……しかもそこからカビ……。 まったくこれだからアメリカ人は……。 雑に扱わないでしっかりしろよな!

……と思いつつ選っていたら、そこにでっかい黒人のママさんがやってきて、メロンを上からばっしんばっしん叩きはじめました。

「あー、日本のスイカと同じだぁ」

……

お前かこの野郎! やめろよこの馬鹿力!
 

(おしまい)

よく読まれている記事