KORGのキーボード

コンピューターミュージック用の、入力MIDIキーボードを買いました。
KORGの「microKEY」、37鍵。

MIDIキーボードは、74鍵のでかいのも持っているのですが、
そっちはいかんせん大きいので、PCデスクには当然置けず、
座席の右後方に置くしかなくて、とっても弾きづらかったのでした。

今回買った奴は、演奏とかは気にせずとにかくMIDI入力用。
机に乗せて使える事が最重要です。

で、このKORGのキーボード、

普通の鍵盤より2回りほど小さいミニ鍵盤ながらも、
ちゃんと弾いた強さを感知して入力できるベロシティ対応。
オクターブの変更ボタンで、
37鍵ながら、MIDI対応の全ての音階をカバー。
USB接続で、電源いらず。

とまあ、必要最低限をそなえた素晴らしいコンパクト製品ですな。

これで全ての機材が机の上に乗ることになり、
本当の意味でDTM(Desk Top Music)ができるように(笑)。

何よりうれしいのは収納ですね。
PCモニタの裏のデッドスペースが有効活用できちゃいます。

これなら鍵盤にホコリも積もらない!

USBキーボードは遅延があると聞いていたのですが、
全然大丈夫でしたね。

最初、ソフトウェアシンセのトラックで試してしまって
「遅すぎる!」とか Twitter でつぶやいてしまいましたが、
ちゃんとハードウェアのMIDI音源を鳴らす分には、
ほとんど遅延は感じられませんでした。

いい玩具を手に入れたので、しばらくいじってみようと思います。=D