VRゴーグル(HTC VIVE)専用メガネはこれかと。

VRは視力が悪いとメガネ無しじゃ遊べません…。

VRは目のすぐ前にレンズが位置するので、裸眼で遊べるイメージがあるじゃないですか。 私はそうでした。

ところがそれは大間違い。 VRでの視界はゴーグル装着時の視力そのままです。 なのでメガネ着用の人はメガネ(コンタクトレンズならコンタクトレンズ)が無いと、普通に視界が悪くて遊べません…。

私はVRゴーグルを買ったその日、まず装着して(メガネ無しで)PCのデスクトップをVRで100インチ以上の大きさで表示してみました。 最初はすげーなと楽しんでいたのですが、どうにも画面がぼやけます。

最初はてっきり「VRの解像度は高くは無いから(960x1080を左右に振り分け)かな」と思っていたのですが、リアルに歩いて画面に近づいていくと…文字が見えてくるではないですか。

リアルと同じです。 単に視力が足りなくてぼやけてたんです。

軽く絶望しました…。

「VRゴーグルはメガネもOK!」を信じてはいけません…。

顔の小さい人で、小さいフレームのメガネを付けている人は、それでよいでしょう。

VRゴーグルの説明書や他のVR情報サイトを見ると「メガネもOK! VRゴーグルをうまく調整しよう!」的に書いてありますが、少なくとも自分の場合、普通にメガネなんて付けてVRゴーグルをつけようものなら、中でずれるわ蒸れて曇るわ、大事なレンズにカチカチ当たって傷がつくわでお話になりません。 (ていうか、メガネかけた人に貸すの怖い…)

結局、コンタクトレンズが最上で、スポーツ用に買って置いたOneDayアキュビューのお世話になってますが、日常生活ではメガネ君の私です。 日ごろ付け慣れないコンタクトレンズを、VRで遊ぶたびに着脱するのは面倒…。 やっぱりメガネがいいです。

そこで、小さくてやわらかい材質のメガネが無いかなと探したところ……。

JINSの「ラバーモダンエアフレーム」がいい感じ。

JINSの「ラバーモダンエアフレーム」。 それも女性用。

このメガネなら、フレームが小さい上に樹脂素材でフニャフニャなのでVRゴーグルを装着しやすいですし、VRゴーグルを傷つける心配もかなり減ります。 これでも「レンズの曇り」は回避できないんですが、全然マシです。 

以来、がっつりやる時はコンタクトレンズ、ちょっと暇つぶし程度であればこのメガネで済ませています。 

お値段は一万円もしなかったと思います。 安くは無い買い物ですが、試して見るのも良いかもしれませんよ。

ちなみに、JINSさんのサイトはこちら。

視力を気にしないで遊べるバーチャル空間はまだまだ未来のものということですね…。 未来に期待したいと思います。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA