最強PC購入計画

丁度去年の今頃に、「今PC買うのは時期早尚。1年様子見」
という日記をこのブログで書きましたが、正解だったようです。

1)
思ったとおり、SSDはやっと「買ってもいい」値段に落ち着き、
また性能もアップしました。また、その性能も

 ・書き込み特化/読み込みはそこそこ
 ・読み込み特化/書き込みはそこそこ
 ・読み&書きともにそこそこ/大容量で安価

と、SSD自体に個性が生まれ、選択の幅が広がりました。
そしてSSD全体の傾向として、価格÷容量のコストパフォーマンス
が格段に良くなり、そしてSSD自体の寿命も大分延びました。

2)
USB3.0装備のマザーボードが普通に売られるようになりました。
当時はサンダーボルトやら何やらで混乱気味でしたし、対応機器も
少なかったのですが、今は大分充実してきました。

3)
これは偶然ですが、11月上旬にインテルの新CPUが発売されました。
単純なグレードアップではなく、3000番台という新規格で、
単純にこれまでの物の倍近くの処理速度を持ち、電気も食いません。
メモリの認識数も増えたので、モンスターマシンも夢ではありません。

ついにその時が来た!という感じです。私的には、ですが(笑)。

しかしまあ、
一般的に言えば、PCの買い時なんてものはありません。
先を気にしていてはいつまでたっても買えません。
買いたい時に買えばよいのです。

ただ、私的には買い時はあります。 それは

「規格やプラットフォームの切り替わり時」です。

例えば今なら、
 ・USB3.0がようやく普通になってきた。
 ・SATA3ポートを2つ積まれてるのが当たり前になった。
 ・グラボはHDMI、ないしディスプレイポートに対応している
 ・SSDの値段と性能は納得できる程度まで安定した
 ・光学ディスクはBDで3D対応したのが安く買える
 ・CPUの新規格が出た。

という所でしょうか。

なにぶん切り替わり時なので、
今後これの上位版がどんどん出てくるでしょう。
でも、私にとってその差異はたいした意味は無いのです。

同じ規格/レベルにあることが重要なのです。

規格さえ乗り遅れていなければ、パフォーマンスの問題はあっても
同じ周辺機器やアプリケーションを使っていけます。
長く使えるわけですね。
ヘビーユーザーでありながら、PCを5,6年という長いスパンで
買い換える私にとってはこれが重要であり、この流れのいい切れ目が
「買い時」なわけです。

あー、楽しみです。
ですが、今、あの新CPU、大人気で品切れ祭りということです。
私の購入時には供給が安定しているといいのですが…。=q
ともあれ、たのしみです。=D