イリュージョンに遭遇した日

イリュージョン的な落語でアタマを可笑しく。

今日は久々に落語行ってきました。

久々、といってもそんなに熱いマニアではないので、上野の鈴本演芸場以外へ足を伸ばしたことは無く、足繁く色々な演芸場やホールに出没する程でもないのですが。

今日は、普通に堪能しようと思い、いつも通り出かけました。トリは「笑点」でおなじみの「林家たい平さん」。たい平さんの落語は、古典落語を現代向けに再構成するというもので、個人的に好きなのです。

ぶっちゃけ、笑点でのたい平さんて、つまんないじゃないですか。…ていうか、正直、笑点自体、面白くないじゃないですか。=P (でも、何だかんだで毎週見てますが)「うまいこと言っただけでドヤ顔」してるおっさん連中を見てると、苦笑しちゃいません? 私は惰性で生暖かく見てますけど。

要は、予定調和の毒抜きされた笑いなんですよね、さんまかよと。

なので、TVでないたい平さんの落語を聴きたくて出かけたのですが…。

出かけた先で、鈴本演芸場の近くの、別の小さな演芸場(上野広小路亭)の演目を見て、そっちが気になってしまいました。というのは、そこの今日の演目が、「志らく一門会」…すなわち、立川談志さんの直弟子の、志らくさん一門の貸切りショーをやっていたからです。

志らくさんと言えば、談志さんの「イリュージョン落語」の継承者を自認する、クォリティの高い電波と毒を落語に織り交ぜる、私好みな落語家です。「イリュージョン落語」というのは、談志落語の真骨頂ですが、これは文章で説明できないのが残念です。異常な電波文を、演技や勢いで聴衆の脳をクラックして侵入させてくる芸なのです。正体不明の笑いで、言語中枢とか論理的思考とか価値観とかがグラグラしてきて、頭がおかしくなる感覚が、ハマる人にはクセになります。

ともあれ、志らくさんの落語が生で聴ける!という訳で、今日はたい平さんは諦めて、こっちに変更しました。=D

さてさて、志らく一門会、一門のお弟子さんの落語もそれぞれ見所があり、楽しめました。

志らべさんの落語は、いろんな意味で危険で毒だらけで個性的でした。絶対この人の落語はTVでは流せない。「中国人は帰れ!」とかまずいから。いやほんと。

個人的にはこしらさんの落語がぶっ壊れてて好きでしたね。この人は一応、志らく一門最年長で、トリ前にやる程の立場の人なのに、演目が超・初歩の「寿限無」!だけどこれが破天荒に面白いのでした。観客が「寿限無」知ってるのを前提にぶっ壊しまくってて、本当にくだらなくて良い!まさかこの私が「寿限無」ごときで笑うなんて…。思いもしませんでしたよ!

そしてトリの志らくさんの落語。確実に笑いを取る感じが年の功を感じさせましたね。イリュージョン気味なクスグリもあって、大満足。ヒザまで伸ばした鼻毛の先っちょにカブト虫を結びつけた親父とか……文章じゃこの面白さは伝わらないなあー(TT。

演目は「小言幸兵衛」。元々嫌いじゃない噺でしたが、志らくさんの演出がとても良くて、今回の体験で、すごく好きな噺にランクアップしました。この噺は演者で化けるなぁ。…とかやってるうちに、志らく一門会のファンになってしまいました。

次回のチケットの前売り券もさくっと購入。来月が楽しみであります。

たい平さんは…来週いっぱいやってるはずなので、これはこれで、逃さず行ってこようと思います。

鈴本演芸場一本だったのが、もう1ライン増え、落語へ出かける頻度が増えそうです。まあ、ヘタな映画見に行くよりはいいかー。=D