【レトロゲー絵日記】ファンタジーゾーン

いつまでも新しい気がした秀逸ポップなシューティングゲーム

ゲーセン最盛期(たぶん)に学生時代を過ごした私にとって、ゲーセンの花形はシューティングゲームでした。 ストII 後は格ゲーが台頭してくるわけですが、そんなシューティングゲーの流行りにかげりが見えた頃、既に古ゲーとして認知されつつもゲーセンで稼動し続けていたのが、昭和の名作横スクロールシューティングゲーム、「ファンタジーゾーン」でした。

私が高校生くらいの時には、一回50円のゲーセンで、確か10円で遊べたと思います。 完全に3軍くらいの扱い。 なのですが、抜けるようにキレキレのシンセ音に鮮やかなパステル調の色使い、そして他とは一線を画したポップアートなデザインな世界観のこの「ファンタジーゾーン」は、私のゲーセンプレイのローテーションからもれることはありませんでした。 いつ遊んでも古い気がしない。

「ファンタジーゾーン」のアートワークは、色使いのポップさも楽しいんですが、それだけではなく背景から登場する事物もろもろが「なんだかわからない世界」なのが面白いんですよね。 それもただ奇をてらったのとは違い洗練された美しくも統一性のあるデザインで、面白いと同時に、かっこよくもかわいくもある。 自キャラの「オパオパ」なんてあれほどシンプルで洗練されたデザインは、今でも中々見れるものではないと思います。

何気にいま、Amazon のプライム会員におまけで付いてくるサービス「Amazon Prime Music」で、レトロゲーのゲームミュージックが充実しています。

そこで「ファンタジーゾーン」の曲が「アーケード版」「セガ マークIII版」「他ゲームでBGMが使われた時のアレンジ版」…と、一体いくつバージョンがあるんだよと言いたくなるくらいの各種ハード音源が色々と聴けるようになっています。
>買う(ダウンロードする)のは有料ですが、ストリーミングで聞く分にはフリーです。

もしプライム会員でしたら、試してみてはいかがでしょう?

それにしてもファンタジーゾーンは、曲もまたポップで楽しくてかっこいいです。 1面の曲は最初の音が本当に印象的で、このゲームのイメージをそのまま表すようなワクワク感のある曲ですよね。 ボスと戦う時の曲は短いループなんですがテンションめきめき上がる良曲。 こうしてテキストを打ちながらも聴いてます。

いまや叶わぬ願いですが、またアーケード筐体でファンタジーゾーンをやりたいなあ…。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA