魔女っ子姉妹のヨヨとネネ

最近外への興味ががっつり落ち込んでしまったので
一念発起して映画を見てきました。

魔女っ子姉妹のヨヨとネネ

原作漫画が大好きだった「のろい屋しまい」がまさかの映画化

丁寧かつ真摯な作りが私のお気に入りな作品で、

 

何度読み返しても
「あ、ここで(絵で)伏線張ってる(回収してる)のね…」
と気づかされる、書き込み練り込みの鬼な作品でした。
続編も好きで買い続けています。

とかく
「杖を振ると炎が出る」と揶揄されるファンタジーですが
この作品では
「杖を振ったら何が出るかわからない」という、
まさに『まるで魔法のような』演出が多いのも私好みですね。

で、それが映画化という事で色々心配だったのですが…

良かったです。
原作を知ってる人には嬉しすぎる演出もありましたし、
監督さんの解釈もよかったです。
ただ、
終盤のつじつま合わせが忙しかったように思いますが、
おおむね良かったと言えるでしょう。

統合失調かよ!…な感想ですが、
設定・演出・脚本などなどが総じて私好みで、なんだか
自分のために作られたかのように思ってしまう…!
そんな、超・俺得な映画でした。

DVD出たら買うと思います。=D

監督あいさつ回でもらったヨヨネネの焼きそば。
劇中に出てくるのと同じ上面包装で、横にはヨヨネネイラストが。
帰宅してすぐ食べちゃいました。