VRでのMMDジオラマ鑑賞のすすめ

VRのある生活

VR機器、「HTC VIVE」を持っています。

これのためにグラボは GeForce GTX 1080 を新調。 CPUは i7の3930kと古めですが、こいつは電気をやたら食うかわりに今の中堅CPUに負けない大した奴で、PCでのVR環境としては十分以上なのではと思ってます。

で、これでゲームを…と言いたいところなのですが、正直いまのところVRゲームはそんなに面白いのが無いのです。 発展途上ですねえ。 そんな私が今なおVRにはまっているのは、MocuMocuDanceというソフトを使ったMMDモデル環境のVR視聴が面白いからです。

ネットで配布されているMMD用のモデルからモーションからステージから、もろもろをDLして配置してVRで見れます。 HTC VIVEはトラッキングデバイス付きのVR機器なので、3x3mぐらいの範囲内を歩いてのVR視聴が可能です。

自分で配置したMMDモデルのジオラマに入れるわけですから、たまらないものがありますよ。 各種モデル作成してネットにアップしてくれる皆様方のおかげです。有難うございます。

ボーカロイドがひしめくネオヴェネツィアのスキアヴォーニ河岸や、ジャパりパークなど、なんでもありです。 MMDアニメでおなじみの「マシシハウス」や「ケロロ町」の中を歩いたときは、ちょっと感動もしました。

ネットへの発信についてはご注意を

こういった物をつくってスクリーンショット等をページに置きたいのは山々なのですが、配布されているMMDモデルのほとんどには、MMDを使った動画作成用に使ってくれるようにとモデル製作者さんの断り書きがあります。 なので、せいぜい個人使用に留めておくのがマナーというところなんでしょうね。

製作者さんのやる気を削いだり、さらに今配布されているものを配布停止されてしまうような事は避けたいので、いい子にして使用しようと思います。

用途について特に指定が無かったり、ご自由にと Readme(断り書き)にあったモデルについては、製作者明記でなら画像OKかと思いますので一枚ぺたり。


■使用モデル
けみか式:初音ミクVer2.5 けみか式:リンVer1.0 けみか式:レンVer1.0 Tda式:初音ミクアペンドVer01 とらはぜ式:ダージリン様 とらはぜ式:西住みほ2 木造校舎ステージ(作:えれこみゅ@すのこバーンP さん)

さて、今日は戦車のモデルを沢山手に入れたので、パンツァーフォーなジオラマでも組んでみようかしら。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA