【Semiro!】昔に描いた漫画を見て時代を偲ぶ


「ちびせみ」の前に描いていた漫画「Semiro!」。

4歳くらいのセミーロが13歳になった頃のお話で、魔法使いとして一人前になるために修行の旅へ出るお話です。金魚鉢のお魚が使い魔なんですが、常にこれを両手にかかえているセミーロのビジュアルが自分では可愛くて気に入っています。 セミーロの修行の旅ストーリーは長いお話で気力が持たないので、ショート物だけでもと描いたのですが、いくつかある「IF」物が好みで割と気に入っています。本編も描きたいですね。「ちびせみ」で描くスピードを上げることができたら挑戦しようと思いますが、「ちびせみ」だけで精一杯な気も。

2000年くらいに描かれた漫画なので、画質もGIFで容量ガリガリに削ったものだし、元の解像度もこのまんま。確か、wacomでないマイナーな会社の感度の悪いペンタブで、頑張って買ったフォトショップ7.0 でスキャナも使わず直描きでやっていたはず。

それと、当時フォトショップでスクリーントーンが貼れる「パワートーン」が発売されて、これを買って悦に入っていたのも思い出しましたね。安くは無いスクリーントーンがこれからは使い放題だと感動したのを良く覚えています。なお、まだ手元にあります!

※ちなみにこの「パワートーン」、今や漫画ツールとして超メジャーな「クリップスタジオ」の会社「セルシス」に組み込まれたんですよね。 2001年ごろ、今後「パワートーン」の会社「Mode」とセルシスは業務提携をしていくとの告知がありましたが、結局のところセルシスに移行したように見えます。 そしてクリスタの前身である「コミックスタジオ」が発売されて今に至る感じです。 確か、パワートーンの素材集はクリスタ上でコンバートできたはず。 個人的にはツールが統合されて良い物になったなあと思ってます。

なんてことを、Semiro! をアップしつつ思い出してしまいました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA