宇宙遠足大紀行


宇宙での様々な遊びのハイライトに、馬頭星雲を目の当たりにし、
テンション上がりまくりのミクさん。
あの雲の向こうは、馬宇宙が広がっているのだろうか!?

という訳で、馬頭星雲です。
NASAの写真で見て、今回のFlashでは絶対に描こうと
決めていました。
本物は「馬頭」と言われないと、ピンと来ない人もいそうなので
ちょっと誇張しました。

結構時間かかると思いましたが、2時間で描けました。
Flashさまさまですな。

しかし、これをアニメーションでカメラスクロールさせたら
ガックガクに処理落ち。
ただ色塗っただけでなくて、エフェクトつけた上に、
レイヤー効果もばりばり使ってますからのう。
ついでにいうと、背景の星はゆっくり動いているし、
手前の強く光る星はゆっくり瞬いてます。

さすがに最新のCPUでも無理か…。
これはベクター画像なので、一見、絵に見えますが、
その気になれば関数の羅列のテキストファイルに変換できます。
描画に関しては、もちろんグラボも関係してますが、
メインはCPUパワーに依存してるんですね。
お、オーバークロックしたらいけるのかな…。

背景だけ、大きいサイズのPngに吐き出すとしますか。
ちと残念ですが。

しかし、これでアニメーション尺170秒のうち、
115.5秒まで来ました。

なんとか今期中に仕上げたいですねー。
ちまちま頑張ります。=D