/?customize_changeset_uuid= で始まる大量で謎のページビュー【解決】

URL除外クエリパラメーターの漏れと、自分アクセスの再現が原因の模様

前回「おさかなのつぶやき」で状況を伝える記事を書いたのですが、何とか対応できたと思うので「Wordpressの記事」としてまとめをアップします。(↓その元となった記事はこちら)

【解決済】/?customize_changeset_uuid= で始まる大量で謎のページビュー

2019年2月16日

軽くさらうと、Google アナリティクスのビューカウントに、突然 /?customize_changeset_uuid= で始まる動的URLのページへのアクセスが、何百と大量に出現した…という現象です。

色々ネットで調べたところ、「下書き」などのプレビュー系のページを Google がクロールしてしまい、そのアクセスまで一々拾ってしまっている…ということのようでした。

でも、そのプレビューのページにアクセスできるのは当然私だけです。私からのアクセスは自宅のグローバルIPアドレスを見て除外(ノーカウント)する設定にしてあるので、そこにビューが発生するはずは無いんです。 何なんだろうこれは、誰か助けてください…というのが前回までのあらすじです。

ですが、おそらく解決しました! 今後はもう見られなくなるでしょう。

原因は見出しにも書いた通り、URL除外クエリパラメーターの指定漏れと、やっぱり自分のアクセスが除外されなくなっていたというものでした…。


(なんだかなあ、もう…)

 

2つの原因について

URL除外クエリパラメーター

実は各ページのURLには、ブラウザのURL欄に見えているだけでなく、色々なパラメーターが付与されていて、表示が省略されているのだそうです。 でも、Googleはその様々なパラメータが付いたURLを別個のものとして扱うので、Google アナリティクスのビューのリストには、見に覚えの無い変なパラメータ付きのページへのアクセスカウントが並んでしまいます。

なので Google アナリティクスでは、「このパラメーターは見なかったことにしてね」というフィルターをかけることができて、それが「URL除外クエリパラメーター」だというわけです。

実際はGoogleも、素の状態ですでに基本的なフィルターをかけてくれています。 でも、環境によってはそれに付け足す必要がでてくるんですね。

それが、WordPress の環境では指定しておかなくちゃならない、この3つなのでした。
customize_changeset_uuid,
customize_theme,
customize_messenger_channel,

ええ、私の謎の長いURLの構成要素そのままです…。

WordPress を立ち上げる際、Google アナリティクスのセットアップをキーワードに、各種設定についてそれなりに下調べはしていたのですが、これは WordPress という環境依存の設定なので、私が参考にした多くのサイトにはそれが書いておらず…(Wordpressの解説サイトじゃないのだから当然ですが)、それで今まで知らぬまま運営していたというわけでした…。

今回も、わざわざ「Googleアナリティクス,customize_changeset_uuid,wordpress」と検索キーワードをかけてやっと1つだけヒットしたサイトさんのおかげで、私はもろもろ腑に落ちることが出来たのでした。


こちらのサイトさんです! 本当に助かりました、有難うございます。初歩的なことをスルーしていた自分が恥ずかしい限り…。もし、私と同様の現象に悩まされている人がいましたら、具体的な除外クエリパラメーターの設定方法は、こちらのサイトさんを参照で試行していただければと思います(自己責任で!)。 「ビューの設定」部分が該当箇所ですが、その他にも重要なことがたくさん網羅されていますよ!

いつの間にかカウントされていた自分のアクセス

これは、事故によるものでした…。

私は、確かに自分の家のグローバルIPアドレスを、Googleでのカウントから除外する設定にしていたんですが、先週の中ごろ、ブレーカーを落としてモデムとルーターが再起動してたんですよね…。

こういう時、グローバルIPアドレスは振り直されてしまうわけで……。


(分かって良かったけどさ…)

つまりこういうことでした

  1. これまで除外クエリパラメーター漏れはあったが、自分アクセス除外が効いていたので無問題だった
  2. ネット機器が再起動して自宅のグローバルIPが変わった
  3. 自分のアクセスがカウントされるようになってしまった状態
  4. 数日は投稿も下書き作成もしてなかったので気付かないでいた
  5. (その間、ビューは微妙に自分の分が加算されていたはず)
  6. 週末に投稿で下書きを編集したタイミングで、一気に爆発

だったという…。

色々と問題がサブマリン状態で隠れていたんですね。

 

対策

というわけで原因がわかったので、対策をしました。

  1. 現状のグローバルIPを調べて(CMANなどで確認)除外設定を更新
  2. 除外クエリパラメーターを追記
  3. さらに今後のことも考えて自分アクセスを仕組み的に無くす対応も追加

「3」については、特殊なページを作成して、そこにアクセスしたブラウザに属性を与え、そのブラウザからのアクセスをカウントから除外するという方法です。 これなら IPとか関係なく除外してくれます。ダメ押しの一手です。

原理的にはOSが関係ないために Win も iOS もAndroid もカバーしているはずなので、PC(FireFox、Chrome、IE)、iPad x3(Safari)、それぞれに特殊ページを踏ませておきました。 ※Googleアナリティクスのレポートで、見ようと思えばその除外した分も、別のビュー設定でチェックできます。

もろもろ、結構難しかったですが、すごく勉強になりました…。 これの詳細を私が説明するのはまず僭越な上に、そもそも荷が重過ぎるので、具体的なやりかたはこちらの参照元サイトさんでご確認くださいね(自己責任で!)。


↑ このサイトさん、質・量ともに凄いです! ここを隅々まで全部読んだら相当な知識が付きます。

と、いうわけで…

なんとか原因を見つけて対処することができました。 対応完了から4時間ほど経っており、その間も、この記事を下書きにして編集したりしていますが、あの気持ちわるいURLは今の所ビューのリストに入って来ていません。

もう少し経過を見ないとあれですが、取り急ぎ対応完了の記事でした。
二週間問題なかったので、解決済みとしました!(2019.03.02)

同様の現象に悩まされている、私のようなうっかりさんの状況改善のヒントになれれば幸いです…!
 

【解決済】/?customize_changeset_uuid= で始まる大量で謎のページビュー

2019年2月16日

【関連記事リスト】:WordPress Tips
基本的に絵描きでWordPress 初心者の管理人が、自分でつまづいたり調べたりして得た教訓や Tips まとめ記事です。
比較的、専門用語は少な目(自分がよく知らないので)で、自分の言葉で書いてあるかと思います。
 


 

よく読まれている記事