日々のチラシの裏日記(色々ごちゃまぜ)

特に記事にするまでも無いけど、文字には残して置きたい文章のエントリーです。

おさかな
書いてるうちに「これ単体記事でいいや」って思い直してちょいちょいカテゴリ移行してるので結構日付が飛び飛びですが、どうぞお気になさらず。

2019.09.25 「NO MAN’S SKY」がやばい

9月からVR対応された & Steamのセールで半額だったので、前々から気になっていたこのゲーム「NO MAN’S SKY」をとうとう購入。

こいつはやばいです。

宇宙の星々を渡り歩くオープンワールドでシミュレートなゲームなのですが、これがちまちまとやめ時がわからない面白さでたまらないです。

チュートリアルが本当にダメダメで、遊び方はおろか用語もろくに説明されず翻訳もひどいもので(翻訳者が複数人なのか、訳が統一されてない用語もあり)、ぶっちゃけネットのまとめサイトやWikiを使わないとまともに遊べません。

なのですが、私は基本的にPCゲーはネットで情報を集めつつ進めるのも最早ゲームの内だという考え方なので(ネタバレだけは避ける必要がありますが)、この辺りはクリティカルではありませんでした。

Googleでの検索ワードに気を使えば、そうそうネタバレもしないもの。おかげで十分以上に楽しめています。

これ、もうちょっとゲーム内容がわかってきたら「NO MAN’S 絵日記」にしたいです。 これはずっと遊べそう。

2019.09.02 「マカフィー アンチウイルスプラス」殆ど設定させてくれない

マカフィーでちょっと設定を変えようと、久しぶりに設定ツールを起動。

ツール右上の歯車アイコンをクリックして、選択項目がずらっと15個並んだところまでは良かったんですが、その中でクリックでちゃんと画面が遷移するのが「ファイアーウォール設定」一つだけ。何の冗談なんでしょう。

スケジュールスキャンの日時とか使いたくない機能のOFFとかは、一体どこでできるのかと探すも見つからず。

タスクバーから起動できるマカフィーの設定メニューから、何とか別の設定画面を起動させることに成功。 ていうか何でこれをメインツールのメニューから起動できないんだよとイライラはつのるばかり。

で、その設定画面を見てみると、スタートアップでの起動の仕方とか、通知項目のONOFFとか、設定と言うより「カスタム」的などうでもいい浅い内容の項目のみで、全く役に立ちません。

クイッククリーンとスケジュールスキャンをOFFにするにはどうしたら良いのか……。

これ、よく分らない人が勝手に設定いじって事故ってクレーム付けられるのを恐れて、わざと分りにくくしてるんじゃないかと思ってしまいます。 設定できなきゃできないで問題なので、やりかた残しつつもアクセスしづらくしてるとか?

サポセンに聞けば教えてくれるかもしれませんが、こういう商材でのサポセンとのやり取りって、解決する打率が圧倒的に低い上に、答える側にさして知ってる訳でもない人に当たる確率が高くて嫌なんですよね……。

ああー面倒臭い。 仕方ないので明日サポセンメール出しておきますが、気が重いです。ていうか他のに乗り換えちゃおうかな。

 

PR

2019.07.29 「サイエンスゼロ」に思うこと

昨年の番組改編から、この番組についてずっと残念に感じています。

個人的に、こじはるさんの起用はそんなに異論はないです。 竹内薫さんがいなくなった事はとても惜しいですが、番組のリフレッシュやらなんやら、色々あるでしょうし。

今の「サイエンスゼロ」が面白いと思えないのは、シンプルに番組の構成・脚本が雑になったと感じるからです。

特に気になるのは「小画面」。

最新科学ネタについてきっちりまとめて、それ単体でも充分に価値あるコンテンツにした「映像」がこの番組のキモなのに、その映像に意味の無い小画面をかぶせる。

その内容も「へー」とか「ふーん」とか「すごーい」とか、雑音を挟むだけで価値がないものばかり(これはこじはるさんというより、編集してる人間の取捨選択の問題)。

こじはるさんの所属している事務所との契約でそういう事に決まってたりとかするんですかね? 例えば「1放送内に必ずOO分は画面のXX%以上の大きさで表示すること」みたいな。

だまってメインの映像流してくれと。

もし、制作側が「映像単体では持たない」と思うからタレントの顔入れてるのであれば……もしそうだったのなら、その矜持の低さに悲しくなりますね。 そこのクォリティの高さが「サイエンスゼロ」の大事なところだと思うのに。

小画面自体が悪いというわけではなく、映像部分を良くするために小画面を入れているのならば不満はないんですよ。 でも、もし入れる理由があるんだったら、もう映像を作る時点で小画面の大体の内容を、映像の方のコンテに含めて作るはず。 であれば「へー」とか「すごーい」なんて駄セリフは言わせませんよね?

現状、普通に小画面が映像の質を下げてると思います。

そして映像部分も、少し質が落ちたような気がします。 「気がします」というのは、専門用語や科学用語といった前提知識について、ロクに説明しないまま一気に説明する映像が増えたように感じるんですが、自分がオタゆえに付いていけてしまっているので、不親切かどうか基準が信用できないからです。

例えば、先日のブラックホール撮影成功の回では、電波望遠鏡とその複数連携の妙がメインだったのですが、電波望遠鏡がどういうものなのかの説明が不十分に思いました。 今の子供~お年寄りまで含めて、あの番組の視聴者の科学ネタリテラシーってそんなに高いんでしょうか。

「電波望遠鏡というものはこういうもので、それをこうすることで連携による擬似サイズUPが可能で、でもこういう障害があって、それをこうやって乗り越えて……」といった、映像の中での起承転結も希薄で、全体的に情報を時系列順に並べただけに思えました。 1コンテンツとして成立していない。

なんかこう、普通に構成良くないなと思うんですよね。 ていうかそれまでのサイエンスゼロが普通にすごかったのかな。

総じて、地味な基礎部分をクソがつくほど真面目に作るというNHKらしさが薄まったというのが、今の「サイエンスゼロ」に思うことです。 前のあの感じに戻せ、とか懐古クレームを言うつもりは全然ないです。

もうちょっと構成作家なり担当者さんの時間なり裁量なりを増やして、バラエティではない科学情報番組として骨太に作って欲しく思います。 とりあえず、ほんと小画面やめて欲しいなあ……。

 

PR

2019.07.18 冷蔵庫の水漏れ

冷蔵庫から水がシャバシャバ漏れるように。 結露の水がうまく排出されていない。

激しく面倒でしたが、いったん中味を全部出して冷蔵庫を動かし、裏の結露水の受け皿 = トレイをチェックしたところ大変な状態に。

トレイの中が、水でなく何かソースのようなものが乾いた感じになっています。 少しはあるべき「水」が全くたまっていません。

気付かないうちに冷蔵庫の中身の何かのソースが排出口から流れ出て、それでもって途中の管の中で固まってしまった模様。

とはいえ原因は分りました。 また、裏からチェックしたことで排出口の仕組みがシンプルな管一本なことも分り、解決法が見えました。

綿棒を持って来て冷蔵庫の中から突っ込んでみると、軽い抵抗がありつつも貫通。 裏に回ってみてみると、トレイの上の穴から綿棒が飛び出してました。

以降は綿棒4本使ってごしごし掃除。 トレイも洗剤で洗った上に漂白剤で真っ白に。

….。。とりあえず半日異常なし。

正直、この冷蔵庫はもう15年以上使っているので買換えも頭をよぎったのですが、普通の掃除で直ってよかった……。

もう数年頑張ってもらおうと思います。

よく読まれている記事