日々のチラシの裏日記(色々ごちゃまぜ)

特に記事にするまでも無いけど、文字には残して置きたい文章のエントリーです。

おさかな
書いてるうちに「これ単体記事でいいや」って思い直してちょいちょいカテゴリ移行してるので結構日付が飛び飛びですが、どうぞお気になさらず。

 

2020.09.09 ハートブレッド アンティーク

うちの近所にもできました。 愛知県発祥のオサレなパン屋さんチェーン。

ばえそうなチーズトロリのデニッシュぽいパンとか、にぎやかな広告とかで、各商品の価格設定も高め。

イメージ先行でちゃらい印象を受け、個人的にはあまり期待してないパン屋さんだったのですが、ここの食パンとバゲットはとても美味しいです。

焼くと皮がパリッと歯触りよく香ばしくなって、中のパンもしっかり詰まっててもっちもち。 普通のパン屋さんよりは高いけど、納得のいく内容に思いました。

ふんだんな広告展開素材とで、「パンの価格に占める広告費」は高く、「パンの価格に占める原材料費&人件費」は低いんだろうなと踏んでいたのですが(そしてそれはその通りだと今も思うのですが)、食パンとバゲットについては、私的には十分以上に思います。

また、昨今の高級志向な超オサレ系や職人系パン屋さんに比べれば価格設定はずっと抑えめで、そこにも私的には丁度よさを感じました。

おさかな
食パン一斤で500~1000円取るような高級志向なお店と違って、ハートブレッドアンティークは食パン一斤が270円(税抜)で、少々高いとはいえまだまだ普通の範囲内かと

むしろ、このお店で一押しかつ人気の「マジカルチョコリング」とか「のび~るとろりんチーズフランス」とか「猫の形で牛乳100%で作ったねこねこ食パン」みたいなのは、価格設定が何だかなあという感じで、私的には微妙です。 なので、私はここでは普通の食パンとバゲットしか買ってません。

チェーン店かつ宣伝豊富ということで、若干色眼鏡で見ていたお店ではありますが、ベースになるパンが美味しくてそこそこ価格を抑えているという見せ方から、結構内情としては薄利多売ですごく頑張ってるんじゃないかなと思ったり。

そんなわけで、私はこの ハートブレッドアンティークを、結構好きでいます。 ほぼ、食パンとバゲットしか買ってないのですが毎週買ってるので、それなりにはお得意さんのつもりでこのお店を買い支える一人でありたいと思います。

Osakana’s FishBowl は、ハートブレッドアンティークを応援してます。

おさかな
たまにですが、ここで売ってるタマゴサンドやバナナクリームサンドは買ったりします。 挟んでる食パンがうまい(薄く切ってもしっかりもちもち)ので、中々の味なんです。高いけど。

2020.09.07 中年漫画SNS?

自分がもういい歳したおっさんなのですが、この、いい歳して漫画描いてる人たちのSNSとかってないですかね…。

なんだかんだでSNSで漫画描いて活動しているのは若い人が多いと思いますし、可処分時間の量的にも中年の漫画描きはそんなにたくさんいないと思います。 なのでその辺のつながりがあるといいなあと。

区切りとしては80年代、昭和~平成初期生まれくらいでしょうかね。 現時点で30代以上。 昔の漫画やアニメ、映画についての話をしたい、というだけでなく、一通り社会経験済ませた人たちでの くたびれ具合 リテラシーで、漫画話ができるサークルがあったらなあと思ったりします。

漫画アニメの元ネタになっている70~80年代のコンテンツを、実際にリアルタイムで体験した同士の会話をしたいなあとか、あと、今はあまり見なくなった「80年代オタク」のストイックなマニア振りとかに、また接したいなと思ったりします。

そういうのこそ、Facebook なのかなと思ったりしますが、私はあの、ペルソナ皆無のあけすけな空間では生きられないのでしんどいです。

2020.05.21 Google Adsense ブラウザ相性

ちょっと前までは問題なかったと思うんですが、最近、FireFoxでGoogle Adsense を開くと、一部のページが閲覧できない不具合ありますね。

ちょっとお待ちください的なことを言われるんですが、いくら待っても改善せず。

でも、Google Chromeだと、さくっと開けちゃうという。 Analytics や Serch Console は全然大丈夫。 Googleさんの問題なのかFireFoxさんの問題なのかわかりませんが、微妙に不便。

まあ、Googleのサービスなんだから、それは Chromeで見た方が良いのは当たり前なんですけどね。

2020.05.20 若者のAdobe離れって起きないのかな

Adobeさんのサブスク自体はしょうがないと思ってます。 開発なり営業なりにスキルある人間を雇って日々改善・流通させるためにはお金がかかるものですし。

ただ、ちょっと高くないですかね……。 買い切りの頃は、頑張れば自分で使うソフトだけ1つくらいなら誰でも買えたものですが、今はもうPhotoshopだけでもサブスクで年間1万円超えます。

お絵かきツールはサブスク対応によって、「道具」では無く「コスト」になったんだなあと、しみじみ思います。

まあぶっちゃけ、SaiとかGimpとか、それこそクリスタとか、代替以上のソフトもでてきてます。 アマチュアはもうみんなそっちに流れていくんじゃないかな。

私は円盤でPhotoshopのCS4を使っているんですが、画像加工は当然として、テキストボックス、フィルタ、ブラシ、印刷対応といったトータルの安心感はやっぱりさすがに思います。

個人的には、1つのソフトウェアのサブスクプラン(シングルプラン)を今の半額にしてくれないかなと思ってます。 Photoshopのプランは他と比べて廉価になってますが、さらにその2/3ぐらいが妥当なのでは……。

もちろん、ソフトを作る人間だってクリエイター。 彼らには十分な報酬と待遇は得ていて欲しいんですけどね。 ここらへんはちょっと複雑な心境ではあります。

2020.05.11 「神之塔」アニメ。なんか違和感

翻訳が良くないのか、脚本がアレなのか。 原作を読んでみなければと思いつつ、どうにも食指が動かず。

……なんか、それっぽいことを色々言ったり演出をかましたりする割には、何にもない印象なんですよね。 バトルの駆け引きや謎解きのパートでも、事後で「そうだったのか!すげえな!」っていう種明かしパートがあるんですが、全然すごくない。 あまり出来の良くないラノベみたいな感じ。

声優陣が豪華だったり、アニメ制作にもそこそこお金かかってるらしいので最後まで見るつもりですが、毎回腑に落ちない感想を抱いてます。

とはいえ、物語の本筋さえ「すげえな!」ってなってくれれば、その他の私の些細な違和感は払しょくされちゃうと思うので、そこに期待。

2020.04.27 テレワーク中の副収入うれしい

コロナの影響でテレワーク…在宅勤務中です。 今のところ収入減にはなっていませんが、何とも心細いものです。 そんな中、少しでもこのブログサイトでの副業収入があったことで、微妙に心強く感じました。

今後も本業に影響が出ない範囲で楽しんでやって、閲覧いただく方にも楽しんでもらえるよう進めていければと思います。 ていうかこの臨時収入で高いお酒かビール買っちゃうぞ。

2020.04.23 iPad pro 2020 ちょっと欲しい

検討記事で、今の2018年版 iPad pro 持ってたら要らないかもと書きましたが、微妙に欲しくなってきてます。

【お絵かき目線】2020 iPad Proは新規さんならアリ!? 既に持ってる人は大きくするならアリ?

2020年3月19日

というのは、発売後の検証でメモリが6GBだと判明したから……。

今私が使っている2018 iPad pro は 64GBストレージモデルで、メモリは4GB。 2GBのメモリ差はタブレットではかなり大きい。おそらく、Procreateで使用できるレイヤー数が結構増えているはずです。

Procreateで漫画を描いていて何がつらいって、やっぱりレイヤー数なんですよね…。 印刷に耐えられる解像度まで上げると16枚しか使えず、結構しんどいです。

とはいえ……それだけのために買い替えるかというと……。

ていうか、あのトリプルカメラの見た目が嫌いなんですよね。 そもそもタブレットで写真なんて撮らないので、自分が必要のない物にリソースを割いたモデルにお金を出したくないというか。

自分の買い替え計画としては、(おそらく)5G対応であろう、さらに次のモデルを買うつもりなんですよね。 そのモデルでのトリプルカメラなら、欲しい進化部分のおまけみたいなものなので、見た目が好みじゃないのは呑めるかなあと。

でも、いつ出るんでしょう。 再来年ってとこですかねえ。 あと2年このモデルで戦うか、つまらない好みを捨て去って、今のを下取りに出して安く2020モデルを買うか……。

物欲はなんとも悩ましいです。

PR

2020.03.16 #好きなアニメをつまらなそうに紹介する

Twitterでのハッシュタグで「#好きなアニメをつまらなそうに紹介する」というのを見て思い出したこと。

学生時代、おたく友達の後輩からドヤ顔で 「魔法少女のドラゴンボールっすよ!」 と「なのは」を推されて(しかも2回言った)、

ドラゴンボールだったら何なんだよってのと、ドラゴンボールって言えば私の心が動くと思ったのかよってのと、てかお前自身はどう思うんだよってのとで、「こいつのお勧めは見なくていいや」となった記憶。

結局、後になって見たりもしたんですが普通に面白かったので、あの時リアルタイムで見てればなあとか思ったしました。

2020.03.01 TinyPing のコア部分はフリーウェア

画像圧縮でTinyPingが良いと思って有料パックを検討してたんですが、よくよく調べたら、中身はGITHUBで共有されてるフリープログラム pngquant.exe だったんですね。

GITHUBから そのexeをDLして、指定のフォルダにあるPNGを一括で高圧縮する様にオプション設定した、バッチファイルを作成。

そのバッチファイルのショートカットをランチャーに入れたので、変換したいPNGファイルをそのフォルダに放り込んだらランチャーからのワンクリックで変換できるという塩梅。

こいつぁ便利です。 リアル写真とかグラデーションの多い水彩みたいな画像は不向きですが、大抵の場合は同じサイズの JPGよりずっと綺麗で最高です。

後はこれの、JPG版が欲しいですねえ……。 フォトショップのマクロで我慢するしかないのかな。

PR

2020.02.28 Amazon アソシエイツ リンクビルダー提供終了

Amazon公式リンク作成ツール(Amazon Associates Link Builder)」のご提供終了(2020年3月9日まで)

…って、これの告知が2月アタマ。

使えなくなるから、期限切れたら商品リンク出ないよ!

代替ツール? そんなもん無いよ!

ほんとすげー……これぞ外資、という感じですな。

私は幸運にも、このAmazonの商品リンク作成ツールをあんまり使ってませんでした。便利だけど先にRinkerを使っていたので、「ほんとはAmazonのグッズは、ちゃんとAmazonのツール使わないと不安なんだよな」と思いつつも、使い分けるのが面倒くさくて10件くらいにしか使ってなかったんですよね。

……面倒臭がりで良かったです。

てかこれ商品リンクを貼りなおすにしても、置換でさくさく直せるタイプの修正じゃないから、人によっては何百という商品リンクを消して、また違うツールで再設定するという地獄を見たんじゃないかなと思います。 まさか世界的な超大企業のAmazonが、こんな感じで「や~めた」とかするなんて誰も思ってなかったでしょうね。

とはいえ、Rinkerも普通の人がほぼ好意で無料配布してくれてるものですし(ほんと感謝です)、こっちだって100%安心じゃないわけで。 ずっと存在してくれる保証はないわけです。

杞憂かもですが、Amazonはいずれアソシエイツを廃止するか、やってもハードルをうんと上げる or 報酬を超低くするんじゃないかと、何気に思ってます。 いつかAmazon一強になった瞬間に何が起こるか、ですね。

はあーー。 10件足らずの Amazonツールでの商品リンクを Rinkerに張り替えただけで結構疲れました。もう寝ます。

PR

2020.02.09 Amazon API-v5 対応わすれてた

ちょっと前にAmazonから移行する旨言われてたみたいなのですが、すっかり忘れてました。 Amazonから最終確認メールが来て初めて知ったという次第。 ていうか全く覚えが無いという体たらく。

でも、移行ページに行くも、「手続きをしよう」と誘導されてるのに、そこから行けるリンクはエンジニア向けの技術ページ(しかも英語)。 いくら探しても手続きらしい情報は見つかりません。

「新しい PA-APIキーを取得したら、ここで色々試せますからね!」的なことが書いてあるんですが、私はエンジニアじゃないので、そこで紹介されているSDKやスクラッチパッド(SandBoxみたいなもの?)に用はありません。

でも、とにかく対応しないと今まで作ったAmazonリンクが機能しなくなるらしい。

しらみつぶしに読んでみた感じでは、要はPA-APIキーを最新版にしろと(=つまり更新して新しくしする)。 これでAmazon側の v5設定は完了。

で、現状 PA-APIキー を使っているAmazonアソシエイツ絡みのツール(私の場合「Rinker」)を、最新の(=v5対応ということになります) PA-APIキーに差し替えればOK。 ただ、Rinker の場合、v5対応するにはサーバー側の設定も確認しないとだめです。

おさかな
私は「Xserver」を使ってるんですが、ここを使っているなら、「Xアクセラレーター」が Ver.2 になってれば、必要な機能や設定がそれに含まれているので大丈夫とのこと。

後は、この新しいPA-APIキーを入れたツール(私は「Rinker」)で、商品情報の検索ができていれば大丈夫、ということになります。

でも、これでうまくいってるんでしょうかね。ちょっと不安です。 自分のアソシエイトのログ見たら、今まで何も設定してなかったのに、普通に v5 扱いになってる処理が混ざってるし……。

おさかな
これのせいで、自分がすでに v5 対応してたのを忘れてた可能性を今も捨てきれません。
もしかして私はやる必要なかった……?

ともあれ、これでとにかくAmazon側の設定が終わっているのは確かなので、ひとまずアカウントの命だけは安心。 しばらく様子を見ようと思います。

PR

2019.09.25 「NO MAN’S SKY」がやばい

9月からVR対応された & Steamのセールで半額だったので、前々から気になっていたこのゲーム「NO MAN’S SKY」をとうとう購入。

こいつはやばいです。

宇宙の星々を渡り歩くオープンワールドでシミュレートなゲームなのですが、これがちまちまとやめ時がわからない面白さでたまらないです。

チュートリアルが本当にダメダメで、遊び方はおろか用語もろくに説明されず翻訳もひどいもので(翻訳者が複数人なのか、訳が統一されてない用語もあり)、ぶっちゃけネットのまとめサイトやWikiを使わないとまともに遊べません。

なのですが、私は基本的にPCゲーはネットで情報を集めつつ進めるのも最早ゲームの内だという考え方なので(ネタバレだけは避ける必要がありますが)、この辺りはクリティカルではありませんでした。

Googleでの検索ワードに気を使えば、そうそうネタバレもしないもの。おかげで十分以上に楽しめています。

これ、もうちょっとゲーム内容がわかってきたら「NO MAN’S 絵日記」にしたいです。 これはずっと遊べそう。

2019.09.02 「マカフィー アンチウイルスプラス」殆ど設定させてくれない

マカフィーでちょっと設定を変えようと、久しぶりに設定ツールを起動。

ツール右上の歯車アイコンをクリックして、選択項目がずらっと15個並んだところまでは良かったんですが、その中でクリックでちゃんと画面が遷移するのが「ファイアーウォール設定」一つだけ。何の冗談なんでしょう。

スケジュールスキャンの日時とか使いたくない機能のOFFとかは、一体どこでできるのかと探すも見つからず。

タスクバーから起動できるマカフィーの設定メニューから、何とか別の設定画面を起動させることに成功。 ていうか何でこれをメインツールのメニューから起動できないんだよとイライラはつのるばかり。

で、その設定画面を見てみると、スタートアップでの起動の仕方とか、通知項目のONOFFとか、設定と言うより「カスタム」的などうでもいい浅い内容の項目のみで、全く役に立ちません。

クイッククリーンとスケジュールスキャンをOFFにするにはどうしたら良いのか……。

これ、よく分らない人が勝手に設定いじって事故ってクレーム付けられるのを恐れて、わざと分りにくくしてるんじゃないかと思ってしまいます。 設定できなきゃできないで問題なので、やりかた残しつつもアクセスしづらくしてるとか?

サポセンに聞けば教えてくれるかもしれませんが、こういう商材でのサポセンとのやり取りって、解決する打率が圧倒的に低い上に、答える側にさして知ってる訳でもない人に当たる確率が高くて嫌なんですよね……。

ああー面倒臭い。 仕方ないので明日サポセンメール出しておきますが、気が重いです。ていうか他のに乗り換えちゃおうかな。

PR

2019.07.29 「サイエンスゼロ」に思うこと

昨年の番組改編から、この番組についてずっと残念に感じています。

個人的に、こじはるさんの起用はそんなに異論はないです。 竹内薫さんがいなくなった事はとても惜しいですが、番組のリフレッシュやらなんやら、色々あるでしょうし。

今の「サイエンスゼロ」が面白いと思えないのは、シンプルに番組の構成・脚本が雑になったと感じるからです。

特に気になるのは「小画面」。

最新科学ネタについてきっちりまとめて、それ単体でも充分に価値あるコンテンツにした「映像」がこの番組のキモなのに、その映像に意味の無い小画面をかぶせる。

その内容も「へー」とか「ふーん」とか「すごーい」とか、雑音を挟むだけで価値がないものばかり(これはこじはるさんというより、編集してる人間の取捨選択の問題)。

こじはるさんの所属している事務所との契約でそういう事に決まってたりとかするんですかね? 例えば「1放送内に必ずOO分は画面のXX%以上の大きさで表示すること」みたいな。

だまってメインの映像流してくれと。

もし、制作側が「映像単体では持たない」と思うからタレントの顔入れてるのであれば……もしそうだったのなら、その矜持の低さに悲しくなりますね。 そこのクォリティの高さが「サイエンスゼロ」の大事なところだと思うのに。

小画面自体が悪いというわけではなく、映像部分を良くするために小画面を入れているのならば不満はないんですよ。 でも、もし入れる理由があるんだったら、もう映像を作る時点で小画面の大体の内容を、映像の方のコンテに含めて作るはず。 であれば「へー」とか「すごーい」なんて駄セリフは言わせませんよね?

現状、普通に小画面が映像の質を下げてると思います。

そして映像部分も、少し質が落ちたような気がします。 「気がします」というのは、専門用語や科学用語といった前提知識について、ロクに説明しないまま一気に説明する映像が増えたように感じるんですが、自分がオタゆえに付いていけてしまっているので、不親切かどうか基準が信用できないからです。

例えば、先日のブラックホール撮影成功の回では、電波望遠鏡とその複数連携の妙がメインだったのですが、電波望遠鏡がどういうものなのかの説明が不十分に思いました。 今の子供~お年寄りまで含めて、あの番組の視聴者の科学ネタリテラシーってそんなに高いんでしょうか。

「電波望遠鏡というものはこういうもので、それをこうすることで連携による擬似サイズUPが可能で、でもこういう障害があって、それをこうやって乗り越えて……」といった、映像の中での起承転結も希薄で、全体的に情報を時系列順に並べただけに思えました。 1コンテンツとして成立していない。

なんかこう、普通に構成良くないなと思うんですよね。 ていうかそれまでのサイエンスゼロが普通にすごかったのかな。

総じて、地味な基礎部分をクソがつくほど真面目に作るというNHKらしさが薄まったというのが、今の「サイエンスゼロ」に思うことです。 前のあの感じに戻せ、とか懐古クレームを言うつもりは全然ないです。

もうちょっと構成作家なり担当者さんの時間なり裁量なりを増やして、バラエティではない科学情報番組として骨太に作って欲しく思います。 とりあえず、ほんと小画面やめて欲しいなあ……。

PR

2019.07.18 冷蔵庫の水漏れ

冷蔵庫から水がシャバシャバ漏れるように。 結露の水がうまく排出されていない。

激しく面倒でしたが、いったん中味を全部出して冷蔵庫を動かし、裏の結露水の受け皿 = トレイをチェックしたところ大変な状態に。

トレイの中が、水でなく何かソースのようなものが乾いた感じになっています。 少しはあるべき「水」が全くたまっていません。

気付かないうちに冷蔵庫の中身の何かのソースが排出口から流れ出て、それでもって途中の管の中で固まってしまった模様。

とはいえ原因は分りました。 また、裏からチェックしたことで排出口の仕組みがシンプルな管一本なことも分り、解決法が見えました。

綿棒を持って来て冷蔵庫の中から突っ込んでみると、軽い抵抗がありつつも貫通。 裏に回ってみてみると、トレイの上の穴から綿棒が飛び出してました。

以降は綿棒4本使ってごしごし掃除。 トレイも洗剤で洗った上に漂白剤で真っ白に。

….。。とりあえず半日異常なし。

正直、この冷蔵庫はもう15年以上使っているので買換えも頭をよぎったのですが、普通の掃除で直ってよかった……。

もう数年頑張ってもらおうと思います。

よく読まれている記事