上下の両方で挿せるUSBケーブル、地味におすすめ!

USBケーブルの挿す向きには本当腹立ちますよね…

USB-C になってやっと改善されましたが、まだまだ対応機材的にUSB2.0~3 を使っている人はたくさんいると思います。

それで、旧式USBケーブルの何がイライラするって、USBの挿し込みの向きに右左(上下?)があって、間違うとはまらないことです。 差込口が見え易いところにあるならまだしも、機器の後ろ側にあって手探りで差し込まなきゃいけない時の、あのやきもきする感じときたらもう……!

そんな中、自分が「これって大丈夫なのかな…」と思いつつも試しに買ってみた「USB両挿し仕様」の充電用USBケーブルが重宝だったので、こちらをご紹介します。

おさかな
(黒はもう無くなっちゃったみたいですね……)

オウルテックさんの 両挿し対応の 2.4A 充電用USBケーブル。 オウルテックさんと言えば、こういった電子系の周辺機器では老舗のメーカーですよね。

自分はポータブルバッテリー用のが欲しかったので、20cmの物を買いましたが、長さはお好みで。 ケーブルには取りまとめようのマジックテープが付属しているのですが、20cmのを使っていると、ただただ邪魔なので(マジックテープなので色々な所にくっついて布とかをダメにする)ハサミで切ってあります。


マジックテープは切り易い位置に付いてるので綺麗に切れました。

いわゆる「きしめんタイプ」のケーブルです。絡みづらくてよい感じです。 ゴムなので多少摩擦係数高めですが気になるほどでもありません。

肝心の差込プラグ部分はこんな感じ。 これで、どっちの向きに差し込んでもちゃんとはまります。

なんかこう、間の緑色のプレートが薄いので強度とかが心配になってしまいますが。1年使って問題なしです。

一応、2.4A対応なので、結構早く充電できるのもよいですね。

USB-C が普及していくからこその、旧USBの両挿し対応

これからの新しい機器はUSB-C で製造されていくはずなので、今後は最新の機器を使っていればUSBの差込の向きでイライラすることはなくなっていくと思いますが、であれば逆に、古い機器で旧式のUSBケーブルを使った時のイライラ度合いはさらに増すんじゃないかと思います。

USB-C じゃない古い機器でも、せめて挿す向きだけは新しい機器とそん色ない仕様にしておくことは、精神衛生上とても重要なんじゃないかと思います。

以上、両挿しUSBの充電ケーブルについてでした!
 

 

お勧めUSB給電アダプタ「Anker PowerPort Speed 2」据え置き用途に割り切った良品!

2019年2月16日
 

よく読まれている記事