【アメリカ日記】銃をけっこう撃った!【サンフランシスコ】

シューティングレンジ

先日、鉄砲を撃ちにオークランドへ行ってきました。

鉄砲自体は前にも撃ったことがあるのですが、そこは高速道路の脇の室内。ちょっと規模の小さいところでした。 今回は山の中で、かなり遠くまでレンジが伸びている、より本格的なところです。

会社の友人のアメリカ人が、アメリカ人のご多分に漏れずガンマニアで、色々なガンを貸してくれてレクチャーしてくれます。 行ってみるとすごい音。 アンティークなガンをうちにきている年配の方も多く、一発一発弾を込めるしぐさも決まっていました。

ハンドガンとライフルとショットガンを撃ちましたが、どれも共通して言えるのは反動(Kick)がハンパじゃないということです。

40発ほどライフルを撃った私の肩には赤いアザがたっぷり(苦笑)……。

そうとう手・腕・肩・腰・足、その他モロモロの筋肉を鍛えていないと、とても実践では使えないでしょう。 そうして考えてみると、兵隊さんはすごいパワーだなぁ……。

一方、アサルトライフルはKickが少なくて、しかもスコープ越しに見える標的を撃つという、またちょっと違う楽しみがあります。 私はこっちの方がお気に入りです。

標的もハンドガンより遠くにあるので、弾着の確認は双眼鏡を使います。 これがちとツールを使う優越感がいい感じ。

今回は20ヤード。20mちょいと言ったところですが、いざ撃つとなると遠いです。 スコープが良いせいか命中率はかなりいい感じ。まぁ武器ですから、ある程度ヘボな人でも精度は保障されてるはずですが……。

微小な手の動きが着弾位置に大きく影響するのですが、その緊張感がとても楽しいです。次は50ヤードに挑戦したいな。…Myライフル買っちゃおうかな。

ちなみにゴルゴ13は、1kmの射撃を成功させた例があります。 1000ヤード以上です。 私の中でのゴルゴのすごさが一段と増した一日でした。
 

My ガン を買おうと思いましたが……

せっかく住んでいますしシューティングレンジも近くにあったので一丁買いたいと思ったのですが、311のあの事件の後、色々と買うのが面倒になりました。

ちょっと前まではウォルマート(日本では西武の親玉)のスポーツ用品売り場で簡単に買えたんですけどねえ。

買えないことも無いんですが、帰国時に処分が面倒臭いことになりそうなので諦めたんですが、今思い返すと買っておけばよかったなあと後悔しています。
 

よく読まれている記事