【消しゴムタップ無念】Apple Pencil2 のグリップは、これしかないかも?

正直、絵を描く人にとっては余り嬉しくない新型かも?

ついに我が家に到着しましたよ。 iPad pro 2018新型(11inch)と、Apple Pencil 2 !

ですが……嬉しいのですが、これにつけていた2つのグリップの内1つが使えなくなりました。 そしてこの事から、他のほとんどのグリップも使えなくなることが推測できます。

また、新機能の「ペンのタップで消しゴムツール切り替え」も、グリップをつけてると反応しないので事実上使えません。(ていうか、お絵描きメインで iPad pro と Apple Pencil 使ってる人で、グリップ無しの人っていない…です…よね? …ですよね?)

正直、自分にとって Apple Pencil 2 は、あんまり嬉しくない新型に思えました。

(いい所は…そうですね。重心がよくなったおかげで メチャクチャ軽く感じられるようになったことです)

以下、詳細を書きます。

ペンの太さは変わっていないので、グリップ装着自体は可能。


この通り、初代 Apple Pencil につけていたマグネットグリップとウレタンのグリップは、過去記事でのApple Pencil 最終形態のグリップの、どちらも装着自体は可能です。 最初はこれでほっとしかけたのですが、そうは問屋がおろしませんでした…。

グリップ付けてると充電できない。

鈴木みそ さんのレビューで「できないよ」という話は知ってはいました。 ですが、そのレビュー時のグリップのサンプルが、ものすごいごっついグリップ(持つ部分の太さが3倍くらいになってた)だったので、自分の使っている薄いものなら大丈夫かなと思っていたのです。


ですが結果は…。 だめでした。


iPad pro の右側面のこの白いマークのところに、ある程度の面積で直接触れていないと充電されません。 ていうかペアリングもされません。


こっちの方だけならいけるかな? と思いましたが…。 やっぱり直接触れてないと駄目なんですね。

困りました……。 何が困るかって、他に充電の方法は無いんですから。

新機能の「タップで消しゴム」もアウト。

駄目なんだろうなと思いつつ、試して見ましたがやっぱり駄目。 グリップの上からいくらタップしても反応しません。 まぁ、これは「そりゃそうだ」ですよね…。

ちなみに、グリップをはずして試したところ、Procreate でもしっかり消しゴムタップは使えましたよ!

【救世主】ナカトシさんの Soft – Grip

そんな中、いじくり回していたら、こんな形で充電(とペアリング)が出来てしまいました。 ナカトシ産業さんの「Soft – Grip」だけにしてみたところ、右側面にナナメに磁力吸着させることで充電スタート!


例の本体右側面のあのマークに、ギリギリ十分な設置面を稼げたようです。

マグネットグリップが使えなくなったことは痛手ですが、このグリップだけでもあると無いとでは指の痛みが雲泥の差です。 とりあえずはこれで凌ごうと思いました。

グリップ派でお困りの方、こちらを試して見てはいかがでしょう。 2つ入って100円ぐらいですよ。

ナカトシ産業さんの「Soft Grip」。

 

これが今回の Apple Pencil2 でのおすすめグリップ最終形態というわけですね…。

でも完璧ではない…

これ、本体を横置きしたらズレて充電が切れてしまうんですよね…。 つまり、下図のようにスタンドに立てたりしないと駄目なんです。

そして繰り返しになりますが、やっぱり「タップでの消しゴム起動」はできません……。

私にとっては、1より不便になっている気もしますが…。

Apple Pencil 2 はこの形が最良で、余計なカスタムなんかしないで使いましょう、とAppleさんは言っているわけですが……。 普通に、あの形縛りは、長時間使う画材としてはよろしくないと思います。

とはいえ、機能自体は素晴らしいので文句ばかり言ってもしょうがない。 うまく付き合っていくしかありませんよね。 今後もうまい使い方や Tips があれば記事を書いていこうと思います。

…まあ、実のところAppleさんは Apple Pencil 2 について、ビジネスパーソンが図解を描くぐらいの用途メインで考えているのかもしれませんね。 携帯性とスタイリッシュが身上。 冒頭でも書きましたが、本当にとり回しが軽くなりましたよ!

おまけ

ビックカメラさんの通販ページで「ペン先(チップ)に互換性は無い」とありましたが、今ためしてみたところ1のペン先を2でも装着して使えました。 公式に使えるという記事をまだ見つけられていないので要確認ですが、お持ちの方は試して見てくださいな。

 

以上、お絵描き目線からのApple Pencil 2 レビューと、グリップの情報記事でした!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA