私が 2021年版 新型 iPad Pro を買う3つの「ワケ」!【お絵描き目線】


2020年版は見送り、2018年版の11インチを使い続けてきたこの私ですが、今年2021年版のこの iPad pro はもう我慢できませんでした……!

「そもそもなぜ お絵描き人間に iPad pro と iPad Air4 がオススメなのか」についての記事は ↓ こちらで書いています。 何度も更新して中々いい感じにまとまってると思いますので、よろしければお読みください!

お絵描き人間に iPad pro/iPad Air4 をおススメする3つの理由

2020年11月14日

では、ここからは私が 2021年の iPad pro 12.9インチ、wi-fi 8GB モデルを選んだ記事を続けますね。

とうとう予約してしまったワケ

メモリ8GBが決め手

なぜって、メモリが8GBですよ! 2018年版は4GBだったので、なんと2倍です。 私の使っているお絵描きアプリ「Procreate」で使えるレイヤー数がグンと増えます!!!

2020年版の iPad proが出た時には6GBへのパワーアップだったのですが、その時も結構心は揺れたんですよね。 でも、2018年版から比べて、私にとって有意な相違点が、その メモリ +2GB しか無かったので我慢したんです。 LiDARスキャナ付きカメラは使わないですし、CPUの強化もお絵描きにも不要でしたし。

ですが今回はメモリが +4GB と圧倒的。 しかもCPUが「M1チップ」になったことで、メモリ管理が効率よく運用されることも期待できます。

それに加えて、おまけでカメラが LiDARスキャナ付きとなり、ストレージも128GBとなり、その他アップグレードし、さらに ApplePencil の「2」が使える(「3」が出るという噂もあった)……と、私にとって「アリ」 という小さいフラグがバシバシたくさん立ったのが、さらに気持ちを後押ししました。

おさかな
決め手というかもう、決め手の百裂張り手でしたね……!

16GBでなく、8GBを選んだワケ

機能的に8GBで充分。16GBは高すぎてコスパ低い

まず、今使っている 2018年版 iPad pro のメモリが4GBなのですが、普段使いではこれで全然困らないからです。 そして唯一困るのが、お絵描きをするアプリ「Procreate」を使う時でした。

iPad …というか大抵のタブレットには、PCと違って「スワップ」という仕様がありません。 なのでストレージの一部を仮想メモリとして使うワザが使えないので、基本的には、メモリの容量内でやりくりしなきゃいけないんですよね。

なので、「Procreate」でお絵かきする時のレイヤー数に、このメモリ容量が直撃するのでした。 メモリ4GBで、B5版解像度で描こうとすると、いいとこ14枚……。 個人的には最低でも20枚はレイヤー欲しいです。

これがメモリ8GBともなれば…… 倍とは言わずとも20数枚使えるようにはなるはず。 これはもう全然違う世界です。 必要充分以上!

で、16GBは……そりゃあればあるだけ良いでしょうが、ストレージ1TB以上のモデルを買わないといけないんですよね……。 それはつらい。

…金額的に。

おさかな
だってそれだと 11インチで 178,800円、12.9インチにいたっては、213,800円 ですよ……!

CPUがM1チップなので数字以上のパフォーマンスに期待

M1チップは、ノートPCでも使われているパワフルなものですが、それだけでなく、メモリ管理にとても優れた設計のCPUとして知られています。 M1チップ搭載のPCだと、相当なプロユースでもメモリ 8GBで足りてしまうと目下の噂で、実際そういうプロの方も多いです。

これで16GBを積むとしたら、使い道はもう 4K動画の「編集」(→「書き出し」ではない)くらいではという話も出てるくらい。 その真偽は、私はそういうレベルのプロユースは絶対にできないのでわかりませんが……話半分で聞いたにしても相当なものです。

なので、M1チップを積んだメモリ 8GB iPad pro は 、少なくとも「8GB」の数字以上のパフォーマンスを出してくれるのではと私は期待しており、それでこの8GBモデルを選んだというわけです。

12.9インチを選んだワケ

すでに11インチを持っているから!!!!

これに尽きます。逆に、これが最初の一枚目だったら 11インチを選んだでしょうね。

というのは、↓ こちらの記事で前にも書いた通り、お絵描き目的で描くなら「ネットモバイルの良さ」「携帯しながら使える良さ」は重要で、そのためのサイズ感は 11インチが限界だと思うんです。

【iPad Pro】11インチか12.9インチか。お絵描き用途向け。※2021年調整版

2021年5月10日

なので今回は

おさかな
メモリ8GBの iPad pro 欲しいけど、メインの理由がそれだけで買換えはつまらない……ならばいっそもっと出して大きいのを買おう!でもってこっちではがっつり使って絵を描こう!

……というジャッジが働いたワケだったのです。

ちなみに「Liquid Retina XDRディスプレイ」は刺さって無い

滅茶苦茶綺麗になっているという噂の、12.9インチモデルだけに対応の「Liquid Retina XDRディスプレイ」なんですが、実は、これは正直私には全然刺さってません。

むしろ、これを無くしてその分安くしてもらいたかったくらいです。

……なぜって……。

お絵かき用に、ザラザラの「ペーパーライクフィルム」を貼ってしまうからですねw

【お絵かき目線】最適解はこれ? 自分に合った摩擦係数のペーパーライクフィルム!MS FACTORY【iPadでお絵かき】

2020年3月15日

ペーパーライクフィルムを貼ると、どうやったって画面が白っぽくなります。まあ、いつも貼っているので、貼っている状態でさらに綺麗に……にはなったということで。

というワケで……

created by Rinker
Apple(アップル)
¥94,800 (2021/09/19 15:04:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Apple(アップル)
¥128,489 (2021/09/20 12:22:31時点 Amazon調べ-詳細)
辛抱たまらんと 8GBモデルの12.9版を買ってしまったワケですが、ほんと今から楽しみです。

おそらく、これを買ったらもう3~4年は買い替えしないんじゃないかなと思ってます。 あるとすれば 2018年版の 11インチが OS アップデート対象外になった時に、そっちの方を買い替えるくらいかと。

今の所、品薄で予約もしんどそうな雰囲気ですが、予約購入を迷っておられる方、予約は決めたけどスペックをどうすればよいか、迷っている方の助けになれば幸いです……!

おさかな
その他ストレージ容量や、ちょっと前に出た「iPad Air4」の話など、当サイトではお絵描きさん向けの iPad 考察記事がたくさんあります。よろしければ読んで行っていただけますと幸いです。

【iPad pro】ストレージはどのくらい要る?【お絵かき目線】※2020.11.05更新

2019年11月5日

【iPad Pro】11インチか12.9インチか。お絵描き用途向け。※2021年調整版

2021年5月10日

お絵描き人間に iPad pro/iPad Air4 をおススメする3つの理由

2020年11月14日

以上、「2021年版、iPad Pro 12.9インチ8GBを予約した3つの「ワケ」!」でした!

サイトTOPに移動しますお絵描きに便利な iPad活用法やガジェットの紹介ページ!

よく読まれている記事