【旅行漫画】俺の真鶴 【おすすめ】

真鶴でお魚まんぷくシングル一泊旅行のすすめ

私が「美味しいお魚を食べて一泊するため」だけにリピートしている、まったり真鶴旅行について、漫画を絡めてご紹介します。 一人で漁港近くに一泊できるって素晴らしい…。

 

 

都心から電車一本、1.5時間で着くおさかな天国「真鶴」

ぶらりと一人旅に行くのが好きなのですが、ここ数年はまっているのが真鶴です。

都心…横浜から一本、1.5時間で着いてしまうお魚天国。 鈍行で行けば1500円くらいの電車賃で真鶴駅に着いてしまいます。

真鶴は伊豆半島の入口にちょこっと突き出た、小さな小さな半島。 さながら「真田丸」のようです。 海と山がコンパクトに両方揃っているという、なかなかオツな地域で、私は気に入っています。

この地域の旅館は、豪華なお魚めしが特徴です。 マグロこそ無いですが、地魚(とくにアジと金目鯛)が素晴らしくうまいですね。 温泉とかはありませんが、ひなびた風情がある土地。 まあ、温泉行くならすぐ近くに湯河原と熱海があるので、そことハシゴするのも良いかもしれません。

アクティビティとしても、普通に綺麗な海で磯遊びができますし、「三石海岸」というレジャースポットも実に気持ちが良い場所です。 ↓ の写真の海にある岩の間から初日の出があがるとかで、お正月にはここは結構ホットな場所らしいですね。

三石海岸
見ごたえのあるオーシャンビューで、初日の出スポットとして有名らしいですが、私はここでシート広げて昼寝するのが好きです。(潮の満ち引きには注意)

※クリックでじゃらんの観光案内ページへ。

 

私の定宿。お一人様予約ができる「しょうとく丸」

お一人様用の部屋もあるのが嬉しいのです。 観光の人だけでなく釣り人さんの定宿な雰囲気もあるので、夜は騒がずさっさと寝ましょう。 レジャーというよりは癒しの宿です。

地魚の 刺身、焼き魚、煮魚、汁物と「お誕生日みたいなお魚ごはん」をお腹一杯に食べられます。 夕食と朝食(自家製のアジの干物を卓上七輪で炙る!)がついて一泊なんと税込みで1万円ちょいです。

真鶴 しょうとく丸
とにかくお魚料理が豪華で美味しい宿です。 そして周囲に良い意味で何も無いので夜が超静か(波の音しか聴こえない)!周囲にコンビニとか無いので(まじで海のまん前です)、夜用に、ちょっとしたお菓子とペットボトルの飲み物を持っていくとよいかもですね。
部屋用にお茶セットはあるのと、一応、外に出ると宿の近くにジュース自販機があります。

じゃらんの紹介テキストだと、JR真鶴駅から「タクシー3分」とありますが、駅前からバスに乗るのが良いです(だいたい15分に一本)。 なんと、しょうとく丸のまん前にバス停「里地」があるので、行き帰りも余裕です。

でも個人的には、真鶴 → しょうとく丸 は、海に向けてずっと下り坂なので、30分かけて歩くのも良いと思いますよ。 最後の500mくらいはもう、磯歩き状態で気持ちよいですし…!

こんな風な、しみじみ癒されるお魚天国な漁港宿で、たまの休日をゆっくり過ごすのもよいのではないでしょうか?

以上、「俺の真鶴」のご紹介でした!


 

よく読まれている記事