深くてかわいい!おしゃれキーキャップのディープな世界

お気に入りの「ワンボタンキーボード」を飾るために、おしゃれなキーキャップを物色&購入しました!

「ワンボタンキーボード」は、キー1つだけのキーボード。 電子工作キットの部品として入っていたキーキャップは、押しやすいけどシンプルでちょっとのも足りない物でした。

たった1つだけのキーですから、ちょっとここにはお金や手間をはりこんで、おしゃれをしようと思った次第です。

深い深い! お遊び系やらアルチザンやら

そうして探してみると、自作キーボード界隈で、結構な種類のものが出ています。

それも、キーボード一式ではなく、上に何の文字も書かれてない、無地のキー単体でも売っているんですね。 中国のショップがさかんな様ですが、一部は日本のショップでも買えたり、Amazonに出品もしてたりします。

★↓ これは日本産。最後まで購入を迷いました……。でも押しにくそうなので見送り。 アルミのとシリコンでやわらかいのとがあるみたいです。

★↓こういう、シンプルなのもいいんですよね。これも横から見て映える気がします。 あと、ちゃんと押しやすそうな形してます。

★↓これはレジンで作った背景もの。横から見て綺麗なので、ぶっちゃけキーが1つだけで360度方向から鑑賞できるワンボタンキーボードにはうってつけなのではと思ったり。

↑ の背景モノみたいに、アーティスティックなものを「アルチザン」なキーキャップと呼ぶようです。「Artistic(芸術的な)」ではなく「Artisan(職人技の)」ってことなので、本来の意味は「手の込んだアートなもの」ぐらいのニュアンスなんでしょうね。

海外のアルチザンなキーキャップを日本でネット購入しようとすると、↓ ここが一番充実してました。 「SHOP」→「Artisan Keycaps」で見られます。

おしゃれで機能的で、落ち着いた物……日本でみつけました

それでまあ、数日かけていろんなお店を回ったのですが……。 意外や意外、日本で買おうとした場合、一番買いやすいのが、PIXIVの「BOOTH」でした。 同人作家さんによるキーキャップが、これまた色々あって楽しいのです。

その中で、びびっと引かれたものが1つ。

「スタビライズドウッド」という、木に着色樹脂を浸透させて固めた装飾用(&頑丈)の木材で作ったキーキャップ。

色合いも私の好みの青で、表面がツヤツヤに加工されているのも素敵です。 また、キーキャップ自体は OEM フォーマットで、私の好きなタイプの形状のものでした。

おさかな
ていうかここまでちゃんと書いてくれるショップがあまりないんですよね…。サンプル画像見りゃ分かるだろってことなんでしょうけど

これに決めた!

3000円とお高くつきましたが、買っちゃいました。

届いた!

というわけで数日後、ねこポストにて、ついに到着! ワンボタンキーボードのデフォのキーキャップに比べると、ちょっと背が高いですな。

そして、私好みの押しやすい OEM。 OEMのR1ってとこですかね。

装着すると……。 おお、ちょっと背が高いかなと心配しましたが、全然大丈夫。いい感じです!ツヤツヤの質感をうまく撮れてないのが残念……。 ほんときれいなんですよ。

ちなみにワンボタンキーボードは、お絵かきツールの左手デバイスとして使ってます。

そんなわけで

私のかわいいワンボタンキーボードは、青も鮮やかなスタビライズドウッドのキーキャップに換装され、さらにお気に入りのものになりました!

何気にキーキャップ、作る方も使う方も、思っていたより広くてディープで楽しい世界です。 みなさんも飛び込んで遊んでみてはいかがでしょうか??

以上、「深くてかわいい!おしゃれキートップのディープな世界」の記事でした!

ワンボタンキーボードのセットアップ奮闘記を、こちらに書いていますのでよろしければこちらも。

ワンボタンキーボードでiPadのProcreate用「お絵かき用左手バイス」作ってみた

2020年8月23日

 

【カテゴリー】iPad ガジェットコラム
お絵かき目線での、iPad(pro) 活用情報コラムです。 運用方法やメンテの豆知識、物欲に悩まされつつの購入Tips についての記事リストです。

よく読まれている記事