【Semiro!】いちご天使の午後

【いちご天使の午後】

自分と、あと何人かの友達に、いちご天使派遣して欲しいです。

善意しか持たない存在「天使」ですが、下っぱゆえに超然とし過ぎてない按配が気に入っています。 ファンタジー漫画で神様をどう扱うかって難しいんですが、わたしはえらい神様ほど抽象化、概念化していって意思疎通できなくなると思っているので、この漫画では唯一絶対神をキャラクターとしては出さない想定です。 本来名前も付けちゃいけないものですしね。

身勝手な大衆の住む街で、魔法使いのセミーロに何かがあったんだろう的なお話を描きたかったんですが、知り合いによくわからなかったと言われて、確かに色々端折り過ぎたかなとも。 出来事的にはわかんない話でいいんですけど、ただわかんないだけだとだめですよねえ。

Web漫画だしと、横長のキャンバスに変型サイズの見開きで描いている「Semiro!」シリーズだったんですが、今振り返ると縦にスクロールするブラウジングとの相性最悪だなあと(笑)。 変型の見開きだから半分に切って縦に並べるわけにも行かないし。

まあ、やりたかったのは見開きの一枚絵としても描くことだったんです。 コマの後ろにも大きな絵があったり背景が続いていたりと。 読ませるコマ順もふわっとさせる感じを狙って色々実験していたシリーズでした。

それを狙いすぎたのか、この「いちご天使」回では、最初の1Pだけ妙にツメツメに……。 この密度で始めたんなら最後までそれでいけばよかったのに……なんてことを、15年以上も前の自分に突っ込みたい現在の自分です(笑)。

これも、紛失していたソースデータが、発掘されたUSBメモリから出てきてくれたので再掲載。 ソースなのに解像度が640x500という意味不明なサイズと変なアスペクト比で苦笑しましたが、それでも帰ってきてくれて嬉しいです。

「Semiro!」は、ちびせみが少しお姉さんになった時間軸で、修行の旅に出るお話です。20年位前に描いた漫画なんですが割と好きなので再掲載。

なかなか今のメインコンテンツの「ちびせみ」が更新できていませんが、ちびちび描き進めておりますので、なにとぞこちらも可愛がりつつゆるりとお待ちいただけますと嬉しいです。
 

【シリーズ】漫画「Semiro!」
ちいさな魔法使いセミーロの、修行の旅路なファンタジー漫画。魔法にドラゴンに魔物たちが当たり前に普通に生きている、ほんわか日常を描いたちんまり魔法少女の物語です。

【Semiro! テーマ曲】Go Go Semiro! 【セミーロ 走る】

2019年4月4日

よろしかったらWebComicRankingに投票お願いします。
WebComicRanking 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


よく読まれている記事