Speed Insights モバイルだけ低いのは当分放置。同じGoogleのtestmysiteの診断を信じます

いい加減うんざり

このサイト「Osakana’s FishBowl」は、昨年のリニューアル後から Google Speed Insights もチェックし、それなりにサイトの軽量化には気を配ってきました。 まあ、本サイトは漫画やイラスト・動画を扱っているので、本当にそれなりでしたけど。

あまり神経質にやるつもりは無かったので、イラスト系の記事ページでは「PCで80点、モバイルで70点以上出てればいいや」くらいの自分ルールで、それでも PC90点、モバイル80点以上をキープしてきた感じです。 (もちろん、サイトのTOPページは頑張ってもっと軽くしてました)

それが、2018年、10月末の Speed Insights の仕様変更で、モバイルだけ点数が30~40点に激減。 自分のスマホで見ている限りでは「速くはないが見れなくも無い表示速度」だと認識していたのでまさに寝耳に水でした。 Speed Insights にある改善案をあーでもないこーでもないといじってきましたが、中々改善しません。

※一応補足)これはイラスト系のページの診断です。 サイトのTOPページでは今も60点前後を維持してます。

ネットでこの辺りを調べてみても、「100点とりました!」みたいなサイトは文字メインの情報サイトばかり。私のようなお絵描きサイトの管理人が同じことをやっても(100点はともかく)同等の効果は得られず…。

( 昨年のサイト立ち上げの頃には、特にPC側の設定でものすごく助けてもらったので、情報サイトさんには感謝の気持ちしかありません。念のため)

そのネットでの情報も、そこで見つかる圧縮対応から画像調整やキャッシュ系プラグインやら、素人でやれることは既に大体やっています。 後は直接ソースをいじったり記述したりするTipsばかりで自分には対応できず、もうお手上げ状態に。

ていうか、そういう部分は諦めるから「70点でいいや」という妥協スタンスだったんですが…。40点まで落ちるとさすがに落ち着きませんでした。 小手先を労してなんとか50点まで回復したと思っても、翌月にはまた40点台になっていたり(つまり50点はたまたまで、実際に解決はしてなかった)……。

いい加減うんざりです……。

こんなことやってる時間があったら絵の一枚でも、記事のひとつでも書きたいんです。
 

それで、以下の2つの理由で、モバイルについてはしばらく Google Speed Insights の点数は無視することにしました。
 

 

 

1:重い筆頭はGoogle なのでほっとけば対応されるはず

判らないながらも Google Speed Insights で提示されている要改善箇所をずっと見ていると、気になるのは「これ、重いのって Google 関連ばっかじゃん…」というところ。 Adsense、サチコン、アナリティクス、そういった外部サービス連携もろもろ。 こんだけ厳しい点数を付けておいて、重くしている筆頭は Google だというこの度し難さです。

Adsense なんて毎回何が表示されるかで負荷が乱高下するわけですから、スコア自体あまり意味無いのではと思ってしまいます。 「そういう乱高下するページは評価を下げますよ」と言うのであれば文句は無いですが……いやそれ、それを Google さんがおっしゃいますかと(笑)

どうにも矛盾しているスタンスだと思うので、これはいずれ Google が対応するでしょう。 特にAdsenseなんて Google の収入源なんですから、それについてネガティブな採点をする今の状況は、改善されるはずです。

ていうか、してくれないと困ります。

※度し難いといえば、モバイルはファーストビュー(最初に見えるところ)に外部サービスのリンクは1つも置いて無いのに、Speed Insights に怒られるのも納得がいかず、度し難いです。 でもこれは、上級者なら対応できるのかな…。

2:testmysite では「良好」の結果が出ている

これが決定打になりました。

Speed Insights と同じ Google がやっているモバイルサイトのチェックサービス testmysite で計測すると、40点未満どころか、80点換算の「良好」の診断結果が出てるんです。

この「testmysite」は、 Speed Insjghts みたいな理屈で診断するのとは違い、普通に実測寄り(3G考慮)のユーザービリティ重視で診断をしているらしいのですが……。

じゃあ、Speed Insjghts って何のための指標なんですかね。

もし、「Speed Insjghts の方は少々辛めながらも、その代わりレポートが充実」、とかだったら納得なんです。 でも、実際は testmysite とほぼ真逆な結果が出ているわけです。 これじゃあ2つを比較しても得られるものが少ないですし、何よりすごく混乱します…。

そりゃあ、速ければ速いほど、懸念要因が少なければ少ないほど良いに決まってる、というのは当たり前の話ですけどね。
 

 

 

そんなわけで

そんなわけで私は、とりあえずは testmysite を信じて、しばらく Google Speed Insights のモバイルでの点数は無視することにしました。

もちろん企業さんのサイトや、がっちりやれる人は、きちんと両方を良い点数にしていくべきだと思いますが、私みたいな矮小サイトの管理人としてはもう限界です。 前述のとおり、コンテンツを作る方に時間を割きたいです。

モバイルのスコアで四苦八苦しているお絵描きサイトの管理人の皆さん。 まずは testmysite でチェックしてみてください。

そしてもし「良好」の結果が出ていたのであれば、死語ネタですがこれを送りたいです。

まだ Speed Insights で消耗してるの?

Osakana’s FishBowl は、testmysite と心中する所存でございます。

 


 

よく読まれている記事