【お絵かき目線】2020 iPad Proは新規さんならアリ!? 既に持ってる人は大きくするならアリ?

2020.03.25発売の、新型 iPad Proが発表されましたね!

とはいえ……ずっとワクワクしながら待っていたのですが、すでに2018年版の iPad Pro(11インチ)を持っている身としては、さほど今回はスペックに魅力はなかったですね。

でも、いくつか「疑惑」と「メリット」で、私には12.9インチに買い替えたい欲がムクムクと湧いてきて、今、それを抑えようと苦しんでいます(笑)。

また、↑上記の理由から、まだお絵かき向けで iPad Proを持ってない人(無印しか持ってない人も含む)にとってもこのモデルはアリかなと思ったりします。

そんなこんなで2020年3月18日の深夜、Appleの発表まもない今の時点で、今回の2020年新型 iPad Pro はどうなのかについて所感を描きます。

お絵かき用途としては進化は特になし、でも…

  1. Apple Pencil2 対応
  2. ProMotionテクノロジー
  3. フルラミネーションディスプレイ

という、すでに旧モデルから実装されている、お絵かきにかかわる仕様の3本柱は新型でも健在。 その他にこれといったアップデートは無さそうです。

これら3本柱のうち「2」「3」の詳細については、こちらの記事の真ん中あたりをどうぞ!

【お絵描き目線】2019年 新型 iPad Air は結構アリ! 無印 iPad(10.2含む)よりは Air のがお絵かき向き。でも、もう少し出して10.5のproを買った方がいいかも?

2019年9月11日

まあ、これらが残っているのは当たり前ですよね。 これらに加えての新機能では、特にお絵かきに便利な仕様はありませんでした。

まあ、敢えて言えば CPUが、その辺の中価格帯のノートPCよりも高性能で、グラフィック性能もハイスペックになったのが影響しないこともないですが、正直お絵かき用途にはオーバースペックなので、もはや関係ないです。

でも…

毎度のなぜか公表されないメインメモリがキーマン

ほんとに、なぜか毎回 iPad関連は、メインメモリだけはAppleから公表されないんですよね。 公式サイトの商品ページを見ても、これだけはどの ipad の「仕様」にも記載されていないんです。

なので毎回、新しいのが発売されるたびに、有志が分解したりソフトウェアで解析したりで「非公式」の情報ででしかうかがい知ることができないんです。正直これはやめてほしい…。

で、手前のコラムの「でも…」につながるんですが、もし、新型 iPad Pro のメインメモリ容量が増えてたりしたら、これはもう、お絵かき人間にはワクワクが止まらないわけです。

メインメモリは、アプリの性能にダイレクトにかかわる部分です。 反応が良くなったり悪くなったり、使えるレイヤー数やアンドゥの回数などに影響してきます(特に「Procreate」というお絵かきアプリ)。

発売されて数日もたてば、有志の分解チェックでメモリについては判明するはずなので、今はじっと我慢の子でありますが、もし、今回の iPad Pro のメインメモリが、2018年版の4GBから増えて 6GBとか8GBになってたりしたら……!

おさかな
もう、私は 12.9 インチのを買うしかありません。

ほんとに、Procreateのレイヤー数でヒイヒイ言っている状況(B5の印刷解像度で描くと、15枚しかレイヤー使えない)から早く抜け出したいです。 加えて↓で後述する、価格面や、ストレージでのうまみも私を誘惑します……。

進化してるのに最下位モデルは値下げ! ストレージが +64GBで 128GB!

正直、新機能とか新しいMagicキーボードなんかよりも、この2つに私はびっくりしましたね。

2020年の iPad Pro、最下位モデルでは、2018年の iPad Proの価格より安いんです。 11インチだと5000円の値引き。 12.9インチだと7000円の値引きです。

しかも、しかもですよ? それなのにストレージ容量は128GBと、2018年版の 64GBの2倍になってるんですよ…!

 ※ 2020.03.19現在 ※
【2018】11インチ(Wi-Fi)64GB89,800円 (税抜き)
【2020】11インチ(Wi-Fi)128GB84,800円 (税抜き)
【2018】11インチ(Wi-Fi +セルラー)64GB106,800円 (税抜き)
【2020】11インチ(Wi-Fi +セルラー)128GB101,800円 (税抜き)
【2018】12.9インチ(Wi-Fi)64GB111,800円 (税抜き)
【2020】12.9インチ(Wi-Fi)128GB104,800円 (税抜き)
【2018】12.9インチ(Wi-Fi +セルラー)64GB128800円 (税抜き)
【2020】12.9インチ(Wi-Fi +セルラー)128GB121,800円 (税抜き)
おさかな
まあ価格については、新型の2020年版が出たことで、2018年版の物は型落ちになってこれから値引きがされるはずですけどね。

2018年のを下取りに出してお値ごろに買う手もありますし……。 そんなこんなで、すでに2018年の11インチを持っている私としては、これを機会に新型2020年版の12.9インチにしてはどうかと、悶々せざるを得ないわけです。

なので新規さんによいのでは?

なので、今回の iPad Pro、私はこれから iPad Proデビューしたい人にいいんじゃないのかなと思ってます。

初めて iPad を買う人が、一気に良いものを買うとしても面白い選択ですし、既に無印の iPad でお絵かきしている人には純粋なバージョンアップができる感じです。 ちょっと安くなったうえにストレージも増えているので、お値打ち感があるのでは?

おさかな
ただ、すでにApple Pencil を持っていたら、それを 「2」に買い替えないといけないので、そこは要注意です。

前述したメインメモリーもよくよくチェックして、これを機会にぜひ iPad(Pro)でのお絵かき仲間になってほしいなと思います。

 

そんなこんなで駆け足で書いてきましたが、以上、2020年新型 iPad Pro についての考察でした!

【iPad Pro】11インチか12.9インチか。お絵描き用途向け。※注記追加※2019.06.10調整版

2019年6月10日

【iPad pro】ストレージはどのくらい要る?【お絵かき目線】※2020.03.01追記

2019年3月16日

【お絵描き目線】2019年 新型 iPad Air は結構アリ! 無印 iPad(10.2含む)よりは Air のがお絵かき向き。でも、もう少し出して10.5のproを買った方がいいかも?

2019年9月11日

【カテゴリー】iPad ガジェットコラム
お絵かき目線での、iPad(pro) 活用情報コラムです。 運用方法やメンテの豆知識、物欲に悩まされつつの購入Tips についての記事をひとまとめにしたリストです。

よく読まれている記事