【お絵描き目線】2019年 新型 iPad Air は結構アリ! でも、もう少し出して10.5のproを買った方がいいかも?

 
この 新型 iPad Air についてですが、私はこれ結構アリだと思います。 特に2台目のサブとしては良いかと。 なので「(特にサブで)お絵かき用途ではアリなんじゃない?」という視点での記事を書きます。

PR

 

基本は10.5インチiPad pro の廉価版だが、概ね問題なしでは?

最初にデメリットを書きます。 でも、iPad pro で最も貧弱な 9.7 インチも持っていて、そっちもそこそこ使えていた自分の考えでは、概ね問題ないんじゃないかなと思ってます。

新型 iPad Air が 10.5インチ iPad proに劣っている部分で大きいのは以下の2つ。

  • メモリが1GB少なく3GB
  • ペンの描き味に影響する「ProMotionテクノロジー」に非対応

※他にもCPUの型番が違うのでパワーに差がありそうではありますが、同じシリーズの「A12 Bionic」CPUではあるので、ぶっちゃけ素人が使う分には差は感じられないと思います。(2019.03.30時点で、ネット界隈でCPUについての不満情報は出ていません)

※あと、スピーカーが proは4スピーカーだけどAirは2つでステレオのみってのもありますが、まあ、お絵かきにはあまり関係ない部分ということで。

メモリが1GB少なく3GB

公証ではないんですが、ネットで早速分解した人が情報をアップしていて、一応3GBが定説になっているのでこちらを採ることにします。 ていうか、妥当すぎるのでまあ間違いないでしょう。

割と、お絵かきアプリの挙動に直結するのででかい部分です。 もしこの iPad Air が10.5インチでなく12.9インチだったら、個人的にはアウトだったかなあと思います。

というのは、クリスタなりのお絵かきアプリで調整用ウインドウをばりばり出して使えたり、キーボードを繋いで文書なり動画編集などもやりたくなるこの12.9インチのディスプレイサイズで、いまどき3GBはしんどくなると思うからです。

普通に、扱える画像の解像度も増えますしね。

でもまあ、10.5インチなら、そんなに大それたことはしないでしょうし大丈夫かと。

以前に書いた↓こちらの記事でも描いていますが、

【iPad Pro】11インチか12.9インチか。お絵描き用途向け。※注記追加※2019.06.12調整版

2019年6月12日

「iPad だけで絵をゼロからフィニッシュまで完成させるつもりなら12.9インチ」と書いたように、小さい方のiPadでお絵かきをするなら、お絵かき用途としては「サブ用途」が適していると私は考えるからです。

10.5インチなら(できればPCとの連携で)サブで「ネーム」や「下書き」としてゴリゴリ使い倒すのが良いと思うので、それだったら3GBでもいけるんじゃないかなと。

ていうか私は11インチも持ってますが、それを買うまでのメイン機は 9.7インチで、そっちはメモリ2GBでしたからね(笑)。 それでも上記のサブ用途で困ることは特になかったです。 使用していたお絵かきアプリは procreate だけでしたけど。

iPad pro 9.7 を再評価。今ならコスパ良?(微妙に推し)

2019年1月18日

「ProMotionテクノロジー」に非対応

画面のスクロール(特にブラウザ)を滑らかにする技術で、Apple pencil の反応速度にも影響があるこれ。 結構致命的に思える感じもするんですが、私レベルのお絵かき人間にとっては「誤差」でした……。

Youtubeとかの比較動画とかでは「差は歴然!」とかいうのを良く見るんですが、あんなに早いピッチのストロークで絵を描くことなんて、そうそう無くないです?

あるとしたら、斜線をサササと描いて影を付けたり、ラフな効果線を描いたり、あるいは、本当にラフですばやくネームを描いたりする時くらいですよね。

そのタイミングで、滑らかにペンが動いてもなあと。

自分の描き味の売りにペンストロークが重要だと自覚がある人には、大きなデメリットに思いますが、少なくとも私はそうではありません。

私はこの「ProMotionテクノロジー」に未対応な「iPad 9.7 インチ」を1年以上使っていて、そこから11インチに乗り換えたんですが「言われてみれば滑らかだけど、ようわからん」でした。 ゆっくり「入り」と「抜き」の描線を入れるタッチだからなのかもしれませんけど。

もしかしたら、結構摩擦係数の高いペーパーライクフィルムを使ってるせい……いや、さすがにそんなにフィルムが影響してるとは思えませんよねえ。

※でも、ブラウザのスクロールの滑らかさははっきりと違うと言えます。 これはほんとに別物(でも旧型がそう悪いというわけでもない)。

そんなわけで、デメリットは確かにありますが「この iPad Air 一枚でお絵かき完結するんだ!」とか 「俺の絵はペンストロークが大事なんだ!」とかでもなければ、そんなに気にならないんではと思います。

 

PR

 

新型 iPad Air のメリット

初代 Apple pencil 対応!

これ!結構でかいです。

ぶっちゃけ話、私はお絵かきメインでやる人にとって Apple pencil2 は劣化したと考えています。 それはこちらの記事でがっつり書いているんですが

【消しゴムタップ無念】Apple Pencil2 のグリップは、これしかないかも?【追記あり】

2018年11月7日
  • グリップつけると充電できない
  • 他に充電方法はない
  • タップで消しゴム切替はグリップ付けると無反応

手になじませるためのグリップ装着をAppleが否定しているモデルなので、それが必要な人(結構みんな要るとおもうんだけどなあ…)にとっては大きなデメリットです。

Apple pencil 、私は細すぎて指が痛くなるんですよね。 材質も固いからグイグイ指に食い込みますし。

Apple pencil2では、↓ このグリップくらい(しかも充電時に着脱)しか使えないです。

初代 Apple pencil なら、こんな魔改造クラスなグリップも付けられます。

※ちなみに、初代 Apple pencil のグリップについては、こちらの記事で結構がっつり書いてます。

【最終形態】ApplePencil (初代)お勧めグリップ 【お絵かき目線】

2018年10月19日

…まあ、初代 Apple pencil は、充電時の見栄えが大変にかっこ悪くて恥ずかしいですけどね(笑)。 でも、それのおかげでグリップを装着したままでも充電ができるわけで。

Apple pencil2も、この「恥ずかしい充電方式」を残しておいてくれれば完璧だったんですが、なかなか難しいですよねえ。

そんなわけで、まだ初代 Appale pencil に対応していてくれたのは、グリップマンなお絵かき人間にとってはメリットと言えるでしょう。
 

形状がカマボコ型!

断面図で説明すると判りやすいんですが、背面のエッジが丸くなっているのをカマボコ型と私は呼んでいます。 これ、2018年型 iPad pro になってからは廃止されてしまって、絶壁の完全な直方体になってしまったんですよね。 側面に Apple pencil 2 を磁石で吸着充電させるために、切り立った側面にする必要があったのでしょう。

これまた、ぶっちゃけカマボコ型の方が便利なんですよね……。

指のとっかかりが無い絶壁型は、机にペタンと置いた時に非常に持ち上げにくいです。 まあ、iPad にカバーとかを付ける人には全く問題ないことだとは思いますが、私は剥き身で使っているのでてきめんに面倒なんですよね。

それと、10.5インチなら、片手で掴んでそのまま絵を描いたりブラウジングしたりできるギリサイズに近いんですが、絶壁型だと指にくいこんで段々痛くなってきます。

そんなことしなきゃいいと言う人もいると思いますが、せっかくスケッチブックみたいに取り回せるこのサイズで、それを全くしないのはもったいないと思います。 逆に、そんなことをほぼしない 12.9インチなら絶壁型は悪くないと思いますが。

なので、新型 iPad Air がカマボコ型なのは大歓迎なのです。
 

新型 iPad Air はアリですが、iPad pro 10.5という選択肢

というわけで、私は新型 iPad Air はアリだと思います。 でも、まだ最後に分岐があります。

もう5000円出せます?

何が言いたいかって言いますと

iPad pro 10.5インチが今お値ごろですよ と。

はっきり言って 新型 iPad Air は iPad pro 10.5インチ の廉価版です。 ですがこの10.5インチ、後継機種の 11インチが出たことで型落ちとなって、なかなかお値ごろ価格に落ちてるんですよね。

iPad pro 10.5インチは、この記事でずっと書いてきた「初代Apple pencil対応」「カマボコ型」を備えつつ、メモリが1GB多い「4GB」です。

CPUは「A10 fusion」なので、新型 iPad Air の 「A12 Bionic 」には劣りますが(ベンチマークだけなら40%差)、お絵かき用途ならメモリ差でカバー以上かと。

2019.03.30現在、64GBモデルのAmazonでの 新型 iPad Air の実勢価格は 59173円。 iPad pro 10.5インチの実勢価格は 64573円……。

私個人的には、もう5000円出して iPad pro の10.5インチ買った方がいいんじゃないかなあ…とか思います。 楽天では7万円超くらいするようですが、中古だったらもっと安く買えますしね。

 

逆に iPad Air がオススメな人はこんな人?

お絵かきを視野に入れつつで、 iPad を初めて買う人なら、無印の2018年型 iPad(4~5.5万円)よりは、この新型 iPad Air がお勧めですかねえ。 だいたい5000円ほど新型 Air のが高い感じ。

というのは、無印 iPad と 新型 iPad Air はどちらも初代 Apple pencil 対応機器ではあるものの、お絵かき人間にとって超デカい仕様の差があるからです。

なんたって新型 iPad Air は、 pro シリーズと同様に「フルラミネーションディスプレイ対応」なんです。


これはまあ、お絵かき視点で理解するなら、表面のガラスの厚みがすっごく薄いことだと思ってください。 これによって、Apple pencil がディスプレイに触れた時のカーソルの視差がぐっと小さくなります。



(目分量ですが大体これくらい違います)

これはもう、CPUだのメモリだのの差を吹っ飛ばすデカい違いです。 気持ちよくお絵かきするなら超大事です。

※私は、これが初代 iPad pro に実装されたことをきっかけに、wacomの液タブから iPad pro に乗り換えました。 その後wacomも cintiq pro シリーズでこれに対応しましたが、完全に後手でしたね……。

なので、お絵かき用途で iPad を初めて検討していて、ちょっと安くすませたいなあ、という人にはこの新型 iPad Air をお勧めします。

ていうかこれなら、結局あんまり絵を描かなくなっても「普通に軽くて良いiPadを買っただけ」ってことで気後れすることもないです。=D

 

というわけで、以上、新型 iPad Air についての所感でした。

個人的には、今使っている 9.7インチの後継機としてこの新型 iPad Air ちょっと欲しいですね。 初代 Apple pencil の使い道としてよい感じ……いやいや、11インチあるので充分か。 ほんと物欲には限界がないです……。

 

【iPad Pro】11インチか12.9インチか。お絵描き用途向け。※注記追加※2019.06.12調整版

2019年6月12日

iPad Pro 11インチ。100%ではお勧めできないけども…(お絵描き目線)【19.0221 調整版】

2019年2月21日

iPad pro 9.7 を再評価。今ならコスパ良?(微妙に推し)

2019年1月18日

 

 

 


 

よく読まれている記事