Apple Pencil を失くして、探知アプリを駆使して見つけた話

失くしたApple Pencil2 を、アプリの力を借りて探しました

昨日使っていた Apple Pencil2 が見当たらず……。 小一時間探しても見つかりません。

いつもだったらここにある、という場所をひと通りチェックするも何もなし。

おさかな
すなわち 「じゃあどこ?」 状態

あまりに見つからず、外に持ち出した記憶も無いので、何かの拍子にゴミ箱とかに落ちてそのまま捨ててしまったのでは……という疑惑もわいてきて、結構焦りました。

時代は21世紀、テクノロジーの力で何とかならないかとググってみたところ、「まんま」っぽい iOS アプリがあるではありませんか。  これです。↓ 「Wunderfind 紛失したデバイスを見つける」

アプリを入れた iOS端末の近くにある Bluetooth機器を探すアプリ。 Apple Pencil はBluetooth機器なので、これで探せるはず! 2020.06.16現在はフリーでも十分な探査機能が使えました。

目安として、アプリを入れたiOS端末からの距離もメートルで出してくれるので、それを頼りにウロウロする使用法です。

ドラゴンボールのあのレーダーみたいな感じですね。

でもぶっちゃけ、精度は 数メートルでの誤差があるので、これを頼りにピンポイントで探し当てることは無理ゲーな感じでした。

あと、これはBluetooth機器を探す仕様なので、おそらくバッテリーがあがってしまっている機器は見つけられないでしょうね。

それでも、「この部屋にはあるよ!」とわかったことが、どれだけ私に安心をもたらしてくれたことか……! おかげで安心して、腹を据えて探すことができ、何とか見つけることができました。

おさかな
Wunderfind ありがとう!

でも、後で気づいたんですがw

「この部屋にあること」の確認だけでよかったら、わざわざアプリの力を借りなくとも、iPad の 「設定」>「Bluetooth」で、マイデバイスの Apple Pencil が「未接続」になってないかどうかを見れば済むことだったような……。

まあ、フリー版でしたし、これをきっかけに見つかったのでノープロブレムですw

【カテゴリー】iPad ガジェットコラム
お絵かき目線での、iPad(pro) 活用情報コラムです。 運用方法やメンテの豆知識、物欲に悩まされつつの購入Tips についての記事をひとまとめにしたリストです。

よく読まれている記事