【漫画制作日誌】やっぱり摩擦。iPad pro ペーパーライクフィルム:MS Factory fiel.D 【ちびせみ第3話】


【ちびせみ】第3話【憑かずハナれず】

2020年3月18日

新居を自分の理想の「夢の家」にするため、その第一歩を踏み出したラーカさん。 まさかの犬の骨の発掘で心折れそうになりましたが、お墓を用意することでお犬さまに移転を願い、事なきを得たようです(というか、有能な番犬を得ました!)。

花壇に埋められていた犬の骨、経緯も気になりますねー。 花壇をお墓に見立てて埋葬されていたあたり、きっと飼い主に愛されていたお犬さんなんでしょう。

制作日誌:フィルム貼り替えてみた

前回のブログエントリでも書きましたが、お絵かきに使っているペーパーライクフィルムを、もうちょっと摩擦の強いフィルムに変えようと思いました。

【漫画制作日誌】iPad pro ペーパーライクフィルム再考。摩擦は友達? 【ちびせみ第2話】

2019年12月16日

それで色々物色をして、最終的に買ったのがこれ。↓ はレビュー記事

【お絵かき目線】最適解はこれ? 自分に合った摩擦係数のペーパーライクフィルム!MS FACTORY【iPadでお絵かき】

2020年3月15日

これは、最初に使った PDA工房さんのものと、その次に買ったエレコムさんのペーパーライクフィルムの、ちょうど中間くらいの摩擦係数だと思います。

おさかな
これは偶然。 なにせ買って試すまでこういうのはわかりませんから。 でもって、それがとても、私にとってはドンピシャでした。

PDA工房さんのはペン先がブレることが全く無くて描き心地は最高(今でもそう思います)でしたが、Apple Pencil のペン先の摩耗度合いがやばかったです(3~4か月でアウト)。 その一方でエレコムさんのはペン先は余裕で持ちましたが、私のゴリラ筆圧ではペン先が結構ブレて指が疲れる感じでした。

今回買った MS FACTORY さんの fiel.D というペーパーフィルムは、ほんとにその中間くらいの摩擦度合だったのです。 ペン先の減り具合も、今のところ3か月使っていますが減っているようには見えません。

疲れないフィルムで作業増しでも無問題

そんなわけで、今回はこのフィルムを使って ラフから下書きからペン入れまでやりましたが、疲労度の軽さは歴然でしたね。

ゴリラ筆圧の人間にとって摩擦係数の低い平面に絵を描くことは、線がぶれないように逆向きの同じ力を入れつつ、さらにペンを強い握力で握っての苦行……。

地味に疲労を蓄積させていた要因から解放されたのでした。 で、今回は前回よりは描き込みも増えてます(ちょっとごちゃっとしてるので無駄な線は消していきたいですが)。 こんなんでも指の疲れは前よりは全然楽でした。 心なしか「第2話」よりは線も柔らかくなっているような……いや、大して変わらないか。

たぶん、この MS Factory さんのフィルムは自分に合っているのでしょう。 とても滑りにくくペン先も減りにくい、よいものだと思います。 Gペン的なぐぐっと入り抜きの線を描きたい人にはちょうどいいんじゃないでしょうか。 多分、これが摩耗したらまた同じのを買うと思います。

もちろん、お絵かきは道具よりも自身の鍛錬が最重要ではありますが、疲れないで楽しく描けることも大事ですよね。 楽しくたくさん描いて、少しでも絵と漫画を上達させていきたいと思います!

というわけで以上、ちびせみ第3話制作日誌でした!

【カテゴリー】漫画制作日誌
漫画制作にまつわるメイキングと、漫画を描くこと自体の諸々に絡めた感想&レポートのコラムです。 漫画を描く人には「へー」という感じの暇つぶしに、描かない人にも「ふーん」な読み物としてお楽しみいただければと思います。

【カテゴリー】ちびせみ漫画
ちいさな魔法使いセミーロのまったりファンタジー漫画。魔法にドラゴンに魔物たちが当たり前に普通に生きている、ほんわか日常を描いたちんまり魔法少女の物語です。

よく読まれている記事

コメントを残す

CAPTCHA